Profile

●あかりさん
●小児科 看護師
●埼玉県立大学 保健医療福祉学部 看護学科卒
●社会人4年目

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

これまでのキャリア

学生時代はバレサー

学生時代はバレーボールサークルで身体を動かし、アロマや入浴剤にはまっていました。

 

医療系の仕事をする家族から影響を受けて看護士に

家系が代々医療系でした。あとは私が小児喘息だったり、母親が賢疾患持ち、祖父がC型肝炎で闘病生活をしているのをみて、看護師になろうと思いました。
img_6029

仕事内容

小児科であらゆる症状の患者にご対応する

例えば1型糖尿病の子どもは毎日自己注射や血糖コントロールの指導など、肺炎、熱性痙攣など一般的な疾患から難病の子供たちを病棟や外来含めフォローしています。

また虐待の疑いがある子ども(例えば生後3か月のまだ歩けない子供が足を骨折していたり、痣があったり)を発見した場合は地域と連携して子どもと家族の双方をフォローしていったりしています。

不登校や、いじめ、家庭環境による精神疾患の子どもたちの心のケア等、自分の居場所を作ってあげ、寄り添う看護も行っています。

コミュニケーション力と正確さ必要

痛い、辛い、苦しいと伝えられない子どもが多いため、患者さんの異変に気付いてあげられる観察力や医師との連携も大切にしています。

さらに、1mlも狂わず薬を作ったり、ミスの許されない(ごめんなさいが許されない)、人の命に直接関わる仕事なので、緻密な計算と忍耐力も必須なんです。

img_6017

これからのキャリア

将来は内面のケアもできる看護士になりたい

これからは身体面と合わせて精神面もみれる看護師か、保健師の資格は持っているので保健所で働き保健師になりたいです。

心理士の資格を取り内面のケアも出来る人になりたいです。img_6047

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします