好きになったことを社内の人に黙っておく

女性は恋愛話をするのが好きなもの。

そのため、好きになったことをつい社内の人に言いたくなりますよね。でも言いたくなっても社内の人には言わない方が賢明。
どのように尾ひれがついた噂が広まるか分かりません。

好きな人とばかり話さない

好きな人が出来ると、話したい気持ちで一杯になりますよね。

でも同じ人とばかり話していては、どう見ても不自然です。困った時にいつも頼るようにするのも、社内の人に気持ちがバレやすいでしょう。

バレて困るのは相手の方かもしれない

自分は相手を好きだから、自分の気持ちがバレてもいいと思うかもしれません。

でも相手としてはバレたら、ひやかされたり仕事がしにくくなったりするのです。つまりは迷惑をかけてしまう可能性があるでしょう。
そのためにも、自分の気持ちをバレないようにする工夫が必要なのです。

仕事を通じて仲良くなる

相手が落ち込んでいたら励ます

相手がミスをして落ち込んでいるような時には、優しく励ましてあげるようにしましょう。

相手が落ち込んでいるような時には肩をポンと軽くたたいて「元気出して!」と言ってあげると、相手がホッとする場合もあるでしょう。
でも、落ちこんでいる時にそっとしておいてほしいタイプもいますので、相手の性格をよく理解したいですね。

会社の飲み会に参加する

会社の飲み会は相手と仲良くなりやすい絶好の場です。

飲み会の幹事を一緒に担当してみれば、打ち合わせということでカフェに行くなども出来るでしょう。
会社の飲み会で相手が参加をすると分かったら、自分も積極的に参加をしたほうが良いです。

仕事に対して語り合う

時には、仕事に対して語り合うのも必要です。

例えば同じプロジェクトチームになれれば、相手とやりとりがしやすくなるはず。でもここでいつも相手の意見や考えに合わせるのではなくて、自分の考えについても伝えてみましょう。
相手にとって、刺激的な存在になれるのはとても素晴らしいこと。「仕事に対して語り合えるような彼女ならいいな」と相手が思ってくれるかもしません。

社内恋愛で告白をするのに最適なタイミング

二人きりになれる場所を探す

社内には、二人きりになれる場所がきっとあります。この場所を以前から知っておけば、相手を呼び出す時に使えるでしょう。
人がたくさんいる場所や、人が来そうなところは告白を知られる可能性があるので不安ですよね。落ち着いて告白出来る屋上や小さなミーティングルームなど、告白ができる場所を見付けておきましょう。

残業時間はベストタイミング

好きな相手が残業をする日時を知っておけば、残業時間を合わせることが可能です。残業時間は人が少なく、話す機会も多いでしょう。
もしかしたら、残業時間に二人きりになれるかもしれません。

会社の飲み会の帰り

会社の飲み会の帰りにもしも同じ方向になれれば、一緒に帰りやすくなります。もし別の方向だと分かっていても、告白をする日だけは好きな人と同じ方向に帰るようにしましょう。
「友達の家に寄るので」と他の人から聞かれたら言うようにすれば、告白するとバレずに同じ方向に帰れますので、告白のタイミングが出来ますね。

社内恋愛で告白をするのなら勇気を出して!

社内恋愛で告白をして、そのまま結婚をしたカップルはたくさんいます。社内恋愛で失恋をしてしまったとしても、今後何事もなかったようにうまく振る舞えば大丈夫。
焦らずに相手とかなり仲良くなってから、良いタイミングに告白をしてみましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします