相手を理解する努力をする

相手の好きなものを理解する

相手の好きなものを理解出来れば、話題に出しやすくなります。相手との会話のネタが無い…と悩む前に、好きなものについて聞くようにしましょう。相手の好きなものを聞けばそれについて会話を広げていけるのです。

元々相手としても「この話題については語りたい」と思うものを持っているかもしれません。この話を聞いてあげる気持ちを持つようにすれば、自然に相手とのやりとりが楽になってくるでしょう。

楽だと思うことが出来れば、これからのやりとりで困る可能性も減るのです。自分にとって相手を苦手と思う意識も減るでしょう。相手の好きなものを少しでも多く知って、少しでもそれについての情報を得てみれば、自然に相手が苦手ではなくなる場合も。

聞き上手になる

自分の話をしてばかりいると、相手が疲れてしまう場合も。相手の話をしっかりと聞ける、聞き上手を目指してみましょう。聞き上手を目指せれば、自然にお互いの距離が近くなります。

相手の話に対しては、興味深く聞くようにして相槌を打つようにしてみましょう。もちろん話の内容によっても、対応を変えるのが必要。どんな時でも同じような対応をしていると「ちゃんと話を聞いているの?」と思われてしまうので気を付けましょう。

相手の仕事の仕方を理解する

相手のペースを大切にする

自分のペースを大切にしたい気持ちもあるかもしれません。でもまずは相手のペースを理解しましょう。相手のペースとは仕事をするスピードや、対応の仕方など。これらを理解すると、相手のことが見えてくるのです。

こういう時に「〇〇さんならこうしたいはず」と分かってくるでしょう。相手としては、自分のペースを大切にされると、とても嬉しいもの。自分の存在自体を大切にされているような気持ちになれるのです。

相手の仕事への考え方を知る

人間関係を円滑にするためには、相手の得手不得手についても出来れば知っておいた方が良いでしょう。でも人は自分の不得手だと思う部分は表面に出したくない時が多いのです。こういう時には無理に聞き出すのではなくて、日ごろの仕事の仕方から理解すると良いですね。

仕事に対しての考え方で正解というものは特にないのです。でも考え方があまりにも違うとやりとりが難しいと感じる場合も。その中で相手と合うと感じるものを探すようにしてみましょう。

こういう面は自分と同じ!と思うと、相手との共通点を見つけられるのです。これを伝えるようにすれば、良い人間関係が築きやすいもの。

嫌われない人間を目指す

相手から好かれる人間を目指すのも重要です。誰からも好かれる人間でいるのは案外大変なこと。でも嫌われない人間を目指すのはあまり難しくないのです。相手が嫌がるのはどういう内容なのかを察知する能力をつけましょう。

相手がどういうことを嫌がるのかは、よく観察をしながら接していくうちに見えてくるのです。理解が出来たら、これからの対応の仕方を変えたり工夫をしたりしていくと、人間関係を難しいと思わなくなる場合も。

人間関係を難しいと思うのなら

人間関係を難しくしているのは、自分自身の場合もあります。もし「この人とのやりとりは難しい」と感じた時には、相手を違う角度から見る柔軟性を持つようにしましょう。

相手から見て温和で接しやすい人だなと思われるようにすれば、今までクールな人と思っていた相手の対応が変わってくる場合も多々あるでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします