自分の仕事について考えてみる

好きな仕事について

自分にとって好きな仕事なら、その仕事は自然に面白い仕事になるでしょう。好きな仕事を増やせば増やすほど、仕事全体が面白いものになるのです。

自分にとって仕事とは?と考えるようにしてみましょう。仕事に対しての自分の考えが分かると、好きな仕事についても明確になるもの。

どのような仕事が得意なのか、自分にとって好きだと思えるのかは知っておく必要があります。何気なくしている仕事の中にも、得意と思えるものとそうではないものがあるはず。

これを知るところから始めてみましょう。これが自分の仕事を面白いと思える最初のステップなのです。

苦手な仕事について

苦手な仕事を見ると、仕事は辛いなと思ったり面白くない…と感じたりする時も。でも苦手な仕事の、どういうところが苦手なのかを考えてみましょう。

細かいところが苦手と思うのなら、細かい仕事をする時に集中力を高めるように意識しましょう。アイデアを出すところが苦手と思うのなら、普段から情報収集に力を入れましょう。

様々な情報を得ると、アイデアを出す力を得ることが出来るのです。アイデアが浮かびやすくなるためには、様々な情報を得るようにしてみましょう。自分にとって興味のある情報は元からありますよね。

でも興味のある情報だけを入手するのではなくて、視野を広く持つのが必要です。視野を広く持つようにしているうちに、今まで苦手だと思っていた仕事に対しての考え方も変わってくるでしょう。

面白い!と思った時には

職場の仲間と仕事について語り合う

面白い仕事だと思った喜びは、誰かと共有したくなるもの。職場の同僚と仕事について語り合うのも良いですね。

職場の同僚も「面白い仕事!」と思った仕事があるかもしれません。ここで語り合うことにより、人から見る仕事は、また違うものなんだと実感するのです。

同僚が面白いと思った仕事を、自分もしてみたいと思うでしょう。同僚から見てもそれは同じなのです。同じ職場の仲間として仕事の楽しさを語り合う時間を持つのも必要に。

手帳に書いておく

こういう仕事をしたら面白いと感じたという内容を、手帳に書いておくようにしましょう。面白い仕事だと思っても、月日が経つと忘れてしまう場合は多いのです。

でも手帳に書いてみると、また振り返ることが出来ます。仕事で落ち込んだ時に見ると、元気が出る場合もあるでしょう。手帳に書いておくと、自分の代わりに覚えておいてくれることに。

仕事が好き!と思うようにする

面白い仕事だと思ったのなら、仕事が好き!と心で言うようにしてみましょう。人間は好きなものに対しては夢中になれるものです。

せっかく面白い仕事だと思えたのですから、この仕事を思いきり好きになってみよう!と思うのも、素晴らしいことですね。

仕事は楽しい時ばかりではないかもしれません。でも考え方により、つまらない仕事も面白い仕事になる可能性があるのです。自分の仕事に対しての考え方をもっと変えていければ、仕事が自分にとって無くてはならない大切なものだと分かるでしょう。

面白い仕事だと思えるタイプ

面白い仕事!と思えるタイプとそうではないタイプがいます。同じ仕事をするにしても、違いが出てくるでしょう。

面白い仕事だと思えるタイプになるためには、仕事をもっと深く知るようにしましょう。表面的にしか仕事を見ていないと、悪いところしか見えない場合も。

もっと深く自分の仕事について把握していきましょう。きっと自分のしている仕事の素晴らしさを実感出来るでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします