商品についての知識をしっかり持つ

商品について表面だけ知っている場合

商品について、表面だけを知っている場合にはクライアントの質問に答えにくい場合があります。クライアントが商品に対して質問をしても、自分が表面しか知識がないと困る場合も。

結果として、商品の良さをクライアントに伝えることが出来なくなるのです。クライアントとしても、この説明の仕方では商品について詳しくないな…と、思ってしまうでしょう。そうなると、せっかく良い商品でも売れなくなります。

商品についての知識は、様々な角度から理解する必要があります。表面だけの知識では、クライアントに商品説明をしようとしても、うまく伝わらない場合もあるでしょう。

商品を使うことによるメリットとデメリット

商品を使うとメリットがこんなにたくさん!と商品説明をしたいところですが、その商品を使うとデメリットがある場合も多いですよね。

こういう時には、まずはメリットについて伝えながらも、デメリットについて説明をしておきましょう。でもこうすればデメリットをうまくカバー出来ると伝えれば、クライアントが納得してくれる可能性が高いのです。

そして正直だなと思ってくれるのです。メリットだけ言う商品説明よりもデメリットもきちんと伝える商品説明をしてくれる人からの方が、商品を購入しようと思うのが人の心理ですよね。

良い内容なら本来なんでも言えますが、もしかしたらこれにより売れなくなるのでは…と思う内容もしっかり伝えることが出来てこそ、売ろうとしている人に魅力を感じて商品が売れやすくなるでしょう。

クライアントのニーズを理解する

商品説明をする時に、自分だけで話しすぎない

商品説明をしっかりしないと!と思い、自分だけが話し過ぎてしまう例もあります。これではクライアントが求めているものが分からないままになってしまう場合も。

結果として売りたいという気持ちしか伝わらないのです。売るために必死になっている姿を見ても、クライアントは心を打たれないでしょう。それよりももっと、クライアントの求めているものを知る努力が必要になるのです。

つまりは自分の知識をひけらかすような商品説明をしていては、どんなに良い商品でも売れないでしょう。

クライアントのニーズを理解する

クライアントのニーズを理解するのは、難しい…と思う人は多いのではないでしょうか。でもクライアントにも潜在ニーズというものがあります。潜在ニーズは表面には見えないもので、本人でさえ気が付いていない場合も。

潜在ニーズを第三者が理解するのは難しいのでは?と思うかもしれません。でも潜在ニーズは、クライアントの話を聞けば聞くほど理解出来るものなのです。クライアントも自分で気が付かないうちに、ニーズを言葉にしている可能性もあるでしょう。

ここでクライアントとしても、すっきりした気持ちになれるのです。そして潜在ニーズを引き出してくれたことに対して、感謝の気持ちを持つでしょう。このニーズについて最初から理解するように努力をするのが必要です。

商品説明で成果を上げるには

商品説明でうまく売上をアップするには、自分自身がその商品を好きになることが必要です。全てを好きにはなれなくても、この部分はよく考えられている…と感心するような部分もあるでしょう。

これに対してなら、詳しく語れるかも!と思う部分に対して商品説明の時に伝えてみましょう。そして、潜在ニーズを聞いた時には、一度では解決できない内容なら、何度か通ってクライアントのニーズを満たすように工夫をしていきたいですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします