LINEの頻度の決め方

LINEの頻度は相手のペースに合わせる

LINEの頻度についてどのくらいがいいか分からない…と思う時には、ひとまず1日に1回送るようにしてみましょう。1日に1回送った時に、返信がちゃんとあるようならもう少し頻度を増やしてみても良いですね。

相手のペースが分からないうちは、控えめにLINEを送ることをお勧めします。最初から自分のペースでどんどんLINEを送ってしまうと、相手が返信に困ったり疲れてしまったりする可能性があるからです。

相手のペースを理解出来るように、反応をしっかり見るようにしましょう。頻度が多いと、相手の反応を見る余裕がなくなってしまうので、最初は少な目からスタートするのがベストです。

多すぎるかな?と思ったら

好きな人が今何をしているのか、どこにいるのかはやはり気になるもの。こういう時には自然にLINEを送る頻度も増えてしまいます。でも多すぎるかもしれない…と不安になる時もありますよね。

もしも不安になった時には「私、調子にのってLINEを送りすぎたかもしれない…」とメッセージに書いてみましょう。相手にとって、このぐらいの量で大丈夫だと思うのなら「多いと思わなかったよ」と返事が来るでしょう。

多いと思っていた場合には「そうだね…ちょっと多いかも」と返信があるはず。でも優しい男性なら「大丈夫だよ」と返してくるでしょう。でもこの返事の場合は、本当は多いと思っているかもしれません。

大丈夫と言われたからと言って、本当に大丈夫と思い同じペースで送るのではなく、それでも少し減らすようにしてみた方が良いですね。

LINEの内容について

送ると喜ばれる内容とは

相手にどのようなメッセージを送ると喜ばれるのでしょうか。例えば仕事のある日だと分かっていたら「お疲れ様。あまり無理しないでね」とねぎらう内容を送ってみましょう。

もしも休日でゆっくりしているような時なら「ゆっくり疲れを取ってね」のように、相手をいたわる内容を書いてみましょう。相手にとって大切な休みですから、ここであまり重い内容は書かないようにしたいですね。

癒しを求めている男性が多いため「〇〇さんからのLINEは癒される」と思われると、これからもLINEでのやりとりがしやすくなるのです。

ときめかせる内容

男性にも、ときめきたい思いがあります。女性が脈ありのサインを出すのもいいですが、例えば「今からお風呂です」のように、少しドキッとさせるような内容を書くのも効果的。

飲み会の帰りなら「ほろ酔いです。酔うと人恋しいよね…」と書くようにすると女性らしさを感じて、守ってあげたいという心理が男性に芽生えるでしょう。

男性がドキッとするような内容を時には送るようにすれば、刺激を感じてやりとりを楽しんでくれるようになるのです。

スタンプや絵文字は控えめに

スタンプを購入すると、つい好きな人にも送りたくなるものです。でもあまりスタンプを使うと、それを好まない男性から見ると嫌な場合も。スタンプはメッセージのたびに使わずに、3回に1度くらいの割合で使うと良いですね。

相手がスタンプを使ってきた時に、お返しの意味で1回送るのは必要です。でも相手が1回スタンプを送ってきただけなのに、何回もこちらからスタンプを送ると、かなりしつこいと思われてしまうでしょう。

絵文字に関しても控えめな使い方をした方が、男性から好まれやすいです。自分の感情を表現する時に一言書いてから絵文字を入れると、気持ちが伝わりやすくなるでしょう。

LINEをうまく活用しよう!

LINEをうまく使えるかどうかは、自分の工夫の仕方にもよります。友達には反応が良かったから…と思った内容でも、男性から見たらそうでもない場合も。

この人にはこのメッセージが喜ばれそうと思い、受け取る側の気持ちになり一呼吸おいてからLINEのメッセージを送るようにしましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします