会話が苦手な自分を理解する

なぜ会話が苦手なのかを考えてみる

会話が苦手な理由には様々なものがあります。なぜ自分は会話が苦手なんだろう…とその理由について、考えてみるのはとても大切。

これが分からないままでは、会話上手になるのが難しくなります。会話が苦手な理由のひとつが、人とのやりとりに気を使いすぎるというもの。こういう場合には、もう少し自分本位になっても良いのです。

自分の気持ちや考えを伝えるようにしていけば、人に気を使い過ぎることなくやりとりがしやすくなります。

自分の気持ちを言葉にして表現するのを難しいと考える人もいるでしょう。でもわざと難しい言葉で伝えようと思わずに、自分にとって話しやすい表現を見つけてみると良いですね。この表現の仕方なら話しやすい!と思えるものが、必ずあるのです。

これを会得すれば、会話が苦手な自分から卒業するのも可能になるでしょう。会話が苦手な理由について、あまり悩み過ぎずに客観視して見るようにしましょう。

会話しやすい相手を見つける

全ての人との会話が苦手なわけではなくて「この人とは会話がしやすい」と感じる人もいるもの。こういう相手を見つけることが出来れば、自分の思いを伝えやすくなるでしょう。

逆にどういう相手を「会話をしにくい」と思うのか、その違いについて考えてみましょう。例えば同性とは話しやすいけれど、異性とは話しにくいと思う人もいます。同僚とは話せるけれど、上司と話すのが苦手…と思う人も。

自分にとって苦手だなと思う相手について、よく理解をしてみましょう。なぜこの人とは会話がしにくいのか、相手を理解すればするほど分かってくるのです。

そして、相手の癖や雰囲気などを知れば知るほど相手とのやりとりが楽なものに。自分の中で苦手意識を持っていただけだった…と気が付く時もあるでしょう。

会話がうまくなるには

会話上手な人を観察する

誰にでも得手不得手があります。例えば会話上手な人が近くにいる場合も。こういう人がどのような会話の仕方をしているのかを、よく見るようにしてみましょう。

相手よりも自分の方が劣っているように思うと、目をそらしたくなる時もありますよね。でも相手にとって不得手なものを、自分が得手な場合もあるのです。相手が会話上手でうまくやりとりをしているのなら、じっくり見て学ばせてもらいましょう。

相手の話し方や聞き方を見ていると、なるほど!と思うことが必ずあるのです。自分との違いについてもよく分かるでしょう。

色々な人と話すようにする

自分にとって会話が苦手と思うと、会話するのを避けてしまいがち。でも会話が苦手と思うからこそ、色々な人と話すようにしましょう。色々な人と話してみると、心に余裕を持って話せるようになるのです。訓練のようなものでもあるでしょう。

自分は会話が苦手だから…と会話することから逃げてばかりいては、仕事だけではなくて生活にも支障をきたしてしまう場合も。でも色々な人と話してみると、自分と似たタイプの人と出会ったり、会話のコツが見えてきたりするのです。

会話が苦手なことをコンプレックスにしないように

会話が苦手…と思うと、これをコンプレックスに感じてしまう女性も。でもコンプレックスだと思うと、更に会話が苦手になってしまいます。

人よりも少し会話が苦手なところもあるけれど、段々と改善していける!と思うようにしましょう。

会話が苦手だけど頑張ろうとしている自分を認めてあげれば、コンプレックスではなく、これから改善していけることだと自分で理解出来るはずです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします