オフィスカジュアルってどんな服装?

オフィスカジュアルの定義とは

「オフィスカジュアル」と聞いてあなたはどのような服装を想像しましたか?オフィスで働く女性にとって敵となるものは数多くあります。「オフィスカジュアル」の定義とは、仕事をする上で差し支えのない服装のことを指します。

もちろん、ジーンズやスニーカーなどのカジュアルなものはNGですが、会社によってはオフィスカジュアルであれば可能というところもあります。では女性がよく言う、オフィスカジュアルとはどのような服装なのでしょうか。

女性に気にしてほしい!オフィスカジュアルポイント

「オフィスカジュアル」で女性に気にしてほしいポイントは、胸元、体のライン、足の露出などです。ある程度のお洒落が許されているとはいえ、仕事で接する人が目のやり場に困るような服装は避けましょう。特に胸元は少し屈んだだけでも見えやすくなってしまうので、注意が必要です。

また長めのスカートといっても業種によっては座り仕事が多い場合もあるので、座ったときにどこまで短くなるか確認しておくと安心です。

オフィスカジュアルの小物使い

小物でお洒落に見せる方法はいくつでもあります。例えば、胸元が大きく開いている服はビジネス向きではなくてもインナーにチューブトップスを着用したり、デザイン、立っているときの短さもクリアしていて座った時だけ少し短いなら、オフィスに軽めの膝掛けを持ち込んでもいいですよね。

またいつも同じようなスタイルでオフィスカジュアルに飽きてしまう場合は、靴やバッグの色を合わせて華やかにすると簡単に、お洒落に魅せることができます。

オフィスカジュアルのマナー

次にオフィスカジュアルコーデの最低限のマナーを紹介します。

女性専用!オフィスカジュアル~色編~

基本的に「オフィスカジュアル」と言われる服装の色は白・黒・紺・グレー・ベージュです。この5色は誰から見ても清楚感や品のよさが伺える色です。簡単にいうと、そこまで校則の厳しくない中学や高校のセーターの色ですよね。制服の時代にも組み込まれているほど、メジャーな5色なのです。

女性専用!オフィスカジュアル~サイズ感編~

最近はメンズファッションを女性が着るのが主流になりつつありますが、オフィスコーデは別です。サイズ感があまりにも大きいとカジュアルすぎるため適していません。見た目から受ける印象は大きいので自分に合ったサイズを着用しましょう。きちんと見えるかがポイントです。

女性専用!オフィスカジュアル~ストッキング編~

これは女性なら知っていてほしいのですが、スカートを履いたときは必ずストッキング着用です。私服のときは履かないという人でも必須アイテムです。肌の色に合わないものや、デザインストッキングは禁物。バッグの中に替えのストッキングを忍ばせておくと便利ですよ。

TPOを意識したファッション

オフィス編

オフィスには人が多いため、冷房や暖房の管理が難しいときがあります。夏でも寒かったり、冬でも暑かったり。そんな時に柔軟に対応できる、薄めの素材の服や7分丈袖の服などがお勧めです。

取材編

取材に行く場合、第一印象を気にするようにしましょう。清潔感の感じやすい白や薄い青など、さわやかな服装を心がけてください。良い印象を与えてから取材すると話が円滑に進みやすくなります。また短すぎるスカートにも注意しましょう。

お出かけ編

ランチを外で食べる、などの業務以外での外出時です。オフィス+1を目安にしましょう。ストール1枚持っていくだけで便利さが増します。暑い夏でも直接日光を肌に当てないことで涼しく感じるそうなので、おすすめです。

いかかだったでしょうか?ビジネスがスーツ必須ではなくなったことで身軽に行動できると同時に、明確な線引きがされていないのも事実です。ある程度の基本的なポイントを把握できていれば、オフィスカジュアルでもお洒落に着こなすことができますよ。ぜひ参考にしてみてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします