無視する人の心理を理解してみよう

性格的なもの

無視したいと思ってしているわけではなくても、性格的に人見知りで人と話すのが苦手で、結果として無視してしまう人もいます。性格的なものなので直すのは難しいと言えるでしょう。

でもビジネスの面ではこれではやりとりが出来ない…とこちらが悩んでしまうことに。こういう場合には相手に、柔らかく質問をするようにしましょう。多くを語らなくて済むのなら相手は質問には答えてくれる可能性があります。

そして質問をしているうちに、相手の求めているものも分かってくるのです。人見知りだと自分では分かっていても、直せずに辛い思いをしている人もいるもの。これを理解してあげるのが必要です。

自分でもどうしようもないのに、そのことについてあまりきつく言うと逆効果に。相手に対して柔らかく接してみるようにしましょう。こうすれば「この人とは話しやすい」と相手が、少しずつでも思ってくれるようになるのです。

人を信じられない

人を信じられないという思いを持っている人も、相手を無視してしまう場合があります。でもプライベートならそれでもいいのですが、ビジネス面でも同じだと仕事が進みません。

そのことを踏まえて一度じっくり二人で話し合ってみるといいですね。人は誰もトラウマのようなものを抱えています。人を信じて裏切られて辛い思いをしたから、人を信じられない…。これはとても辛い思いでしょう。

この思いを抱えながらも仕事を頑張ろうとしている気持ちを大切にして、話すようにしましょう。自分も同じような時期があったと伝えたり、今もそういう思いもあると言ったりすれば、相手は仲間意識を持って心を開いてくれるのです。

でも「ビジネスにおいて人を無視していては、自分にとっても不利益」と教えてあげれば、確かにそうかもしれない…とここで考えを変えようとしてくれるケースもあるのです。

無視をされた時の対応

そっとしておく

無視をされた時には、何度も何か言おうとするのではなくて、一時的にそっとしておくのもひとつの方法です。ただ急ぎの用事もありますよね。こういう場合は無視をしたのを責めるよりも「お願いできるかな?」と優しく聞いてみましょう。

相手から見ると拍子抜けするかもしれませんが、ここで怒られると覚悟しながら無視をしている場合には、「仕方がないな…」と思うもの。でも相手に対してお願いを何度もするのは、こちらのプライドが傷つく時もあるでしょう。

ところが数回こういうことをしているうちに、相手の態度も少しずつ変わってくるのです。ずっとこのままでは…と心配しなくても、こちらの気持ちは伝わりやすいと信じてみましょう。

どうしたの?と聞いてみる

無視をする理由を聞くのではなくて、「どうしたの?何かあったの?」と聞くようにしましょう。すると相手が「別に…」と言うかもしれませんが、続けて「なんでも相談してね」と伝えれば、心を閉ざしていた相手でも少し心を開いてみようかな…と思うもの。

本当は誰でも味方がほしいのです。でも味方を作るのが苦手な人もいます。無視する人の心理としては、自分でもどうしていいのか分からない場合が多いでしょう。自分はどうすれば変われるのか分からなくて苦しんでいる可能性も。

これを理解してあげて、心の扉をノックしてあげるようにしましょう。乱暴に心の中に入っていくのではなくて、優しくノックするところからか始めて行きたいですね。

無視する人の心理は、後から考えると案外簡単なもの

最初は困った…と思うかもしれませんが、穏やかに優しくやりとりをしているうちに「あれっ…思ったよりもやりとりが出来る!」と思うことも。

最初に思っていたよりも、無視する人の心理は簡単なものだったと分かり、安心する可能性は高いでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします