心地よく感じる色の組み合わせとは?

反対色

反対色とは真逆の色の事を指します。簡単に例をあげると、赤×緑、黄×紫といったお互いに主張する色の組み合わせです。相性はとても悪いですね。印象よく自分を見せるのであれば反対色は使わない、ということを覚えておきましょう。

小物使いや明度、彩度で上手にコーディネートをすればまとまりますが、やはり難しいです。

同系色

同系色とは近い色の事を指します。例をあげると、赤×橙、青×緑といったお互いに譲り合う色の組み合わせです。派手といった印象はなく、ビジネスコーディネートにおいてとても活躍するのが、この同系色です。ただ無難すぎるといった点が、お洒落を楽しみたい人には物足りないかもしれません。

ネクタイの柄の選び方

柄の大きさと色

一般的に彩度が低いネクタイはビジネス向きで、彩度が高いネクタイはお洒落を楽しみたい日やカジュアルにスーツを着こなしたいときに選ぶと良いです。柄が大きいものはスーツと合わせるときに少し難しいと感じてしまうかもしれません。

コーディネートを考える時間がない、急いでる日などは柄の小さいもので彩度の低いネクタイを選ぶとどんなスーツにも合わせられるということです。

印象が良いネクタイの色と柄

小紋柄のネクタイは誰からも好印象な柄です。青系の寒色を選ぶと爽やかに見えますよ。またレジメン柄は勝負をかけたい日に使うことをお勧めします。知的な印象を与えるので、目上の方とお会いするときにも使えるでしょう。

色別コーディネート

紺スーツ×赤ネクタイ【営業】

紺のスーツと赤のネクタイは王道コーディネートといえます。営業などクライアントと会うときにお勧めです。スーツの色で知的な感じを、ネクタイの色で若さを感じとれるので新入社員などにも愛されるコーディネートです。

ちなみにネクタイの柄はレジメンや無地がお勧めです。

灰色スーツ×紺ネクタイ【プレゼン編】

灰色のスーツは優しさを感じ取れる反面、少しぼやっとした印象になりがちです。そのため彩度の低い紺などのネクタイで全体を引き締めましょう。全体的に知的な色でまとまるので、プレゼンや商談があるときなどにお勧めです。

黒スーツ×桃ネクタイ【アフターファイブ編】

黒のスーツで知的感を、桃のネクタイで少し遊び心を乗せたコーディネートです。王道な柄を選べばビジネスにも合うコーディネートで、お洒落に着こなせるでしょう。また桃色は明るい暖色なので、着る人を明るく元気なイメージにしてくれます。雨の日に周囲に元気を与えるコーディネートかもしれませんね。

いかがでしたか?色を勉強するだけでシーンにあわせたコーディネートまでできるようになりましたね。スーツやネクタイを購入するときになんとなく無難なものを…と選んでいたなら、次回からは違うものに挑戦してみると自信が増して、どんどんお洒落男子に変化していくことでしょう。

ぜひ、ビジネスでもお洒落ができると、素敵なコーディネートで周囲に伝えてみましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします