女性の面接の服装の選び方

どんなスーツ?

レディーススーツにはパンツスタイルとスカートスタイルの2種類がありますよね。

形の種類は様々ですが、基本的にパンツスタイルは知的な印象を、スカートスタイルは優しい印象を相手に与えます。

スーツを購入するときに愛称の良いシャツを同時に購入することで、印象が格段にあがります。

パンツスタイルでクールに仕上げるなら、フレアシャツで女らしさをアピールしてもいいかもしれません。

スーツの色のマナー

黒、グレー、紺などの清潔感のある色を選ぶことで、落ち着きのある大人なイメージに捉えてもらいやすくなります。

ストライプなど、あまり目立たない柄でも面接では控えたほうが良いでしょう。

またスカートスタイルのスーツの場合、スカートの丈が膝下10cm以上の場合は黒色は避けましょう。

全体が少し重たい印象になってしまい、フレッシュさに欠ける印象を与えます。

シャツの色のマナー

シャツはスーツの色にあったものが1番適していますが、白に近いものを選びましょう。黒や、原色は厳禁です。

白、ピンク、ブルー辺りが清潔感もあり爽やかな印象ですよね。

自分が面接官だったら…と考えたときに採用したいと思えるような印象に仕上げていきましょう。

ストッキングのマナー

スーツに合った色にしたいところですが、基本的に色は肌色のものを履きましょう。

自分の肌の色にあったものを選び、色が浮かないように注意してください。

黒色のストッキングやタイツは面接には適していません。清楚感が大事です。本来の肌の色の1トーン明るいものがお勧めです。

女性の面接の髪型

ロングヘア

肩より長いロングヘアの場合、お辞儀をしたときに顔に髪がかからないようにすることが鉄則です。

面接が終わるまでは手を髪に持っていかなくても平気なように髪をまとめましょう。

顔周りをすっきり見せるため、1つにまとめるのがお勧めです。その際、あまりにも高い位置や低い位置でまとめないようにしましょう。

また髪留めはシンプルな色で装飾のないものにしましょう。

ショートヘア

1つにまとめられないショートヘアでも顔周りをすっきりと見せる事を心がけてください。髪を耳にかけるだけでも明るく見えますよね。
ピンで留めたり、整髪剤で整えましょう。

ピンは見えないように留め、整髪剤はつけすぎることのないように注意が必要です。

面接の靴の選び方

面接は黒のパンプスが基本!

就職活動や転職活動に適したパンプスの色は黒色です。

女性の場合、ベルトが付いているものでも付いていないものでも可能です。

ただここで注意したいのが、黒のパンプスでもエナメル素材のものは厳禁です。

光沢のない、シンプルなパンプスを選びましょう。

ヒールの高さは?

ヒールの高さは~3cmまでが一般的とされています。5cmまでいくと面接向きではありません。

また意外ですが、ヒールのないパンプスも面接には適していません。

やはり、~3cm程のヒールのあるパンプスにしましょう。ピンヒールは禁止ですよ!
いかがでしょうか?どんな面接でも正しいスーツのマナーは必須です。

初対面の第一印象は出会ってから3秒で大体決まるという話をよく聞きますよね。

出会って3秒でできることといえば、やはり服装や髪型などで印象をあげることではないでしょうか?

きちんとマナーを守って面接に受かるよ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします