顧客管理を行う理由について

見込み客を理解するため

顧客管理をなぜ行うのかを理解しておきましょう。見込み客がいても、この存在を忘れてしまうような時もありますよね。でも顧客管理をしっかり行えば、見込み客についての情報も分かりやすくなります。

自分にとって、この人は見込み客だと思う会社や個人の情報はしっかり押さえておきましょう。テレアポをしてみて、良い反応だと思った時点で見込み客として登録をしておく必要があります。

その時の連絡では、アポが取れなかったとしても、今後また連絡をすればアポが取れるかもしれないと思うのなら、この内容をしっかり記しておくようにしましょう。せっかくテレアポで努力をしたのですから、その努力を無駄にしないようにしたいですね。

情報をデータ化して持っておく

顧客管理をすることで、営業につなげるのが可能になります。顧客管理をしなくてもいいと思い、全然しないままでいると結果として営業につなげにくくなる場合もあるでしょう。

自分の頭で覚えておくべき内容を、管理をすることにより代わりにデータとして残しておくのが可能になります。データとして残していると思うと、安心して新規開拓も出来るようになるでしょう。

自分の頭の代わりにデータとして残しておけば、今度はどこに営業をかけようかと顧客管理の資料を見て分かる場合も。顧客管理がしっかり出来ていれば、顧客とのやりとりもスムーズになりやすいのです。

顧客管理をする時に気を付けたいこと

情報を更新するようにする

顧客管理をする時に、つい疎かになるのが顧客の情報を更新するのを忘れることです。新規開拓に集中しすぎて、以前からのお得意様の情報更新を怠ってしまう場合もあるでしょう。

こうなると、例えばかなり長い年月お得意様に連絡をしないままになってしまったり、自分ではしっかり連絡をしているつもりでも、出来ていなかったりする可能性も。顧客に対しての情報更新は、こまめに行いましょう。

アクションについてしっかり記載する

自分のした行動について記載するのも、顧客管理において必要です。自分が顧客に対してどのようなことが出来たのか、そして反応がどうだったのかはとても重要に。

これを書かないで、次の顧客に営業をかけているうちに、いつの間にか日が経ってしまう場合も。せっかく相手の反応が良かったのに、それを忘れてしまい他の顧客に気持ちが向いてしまう場合もあるかもしれません。

こうなるとせっかく自分のしたアクションが無駄になることに。顧客管理については、営業の活動だけではなくて、自社の他部署からもどのようなアクションをしたのか、記載しておく必要があります。

アクションに対しての顧客の反応により、これからのやりとりの仕方や付き合い方も変わってくるでしょう。自分のアクションだけではなくて、部署外ではどういう動きがあったのかをよく把握するようにしましょう。

顧客管理の方法はこまめに効率的に

顧客管理の方法について、全て管理ソフト任せにならないのも重要です。自分自身がしっかりと管理をしていくのが、これから先の仕事をスムーズにさせてくれるでしょう。

自分は顧客管理が面倒だからと、ソフト任せにしてしまうとうまくいくはずの仕事がうまくいかなくなる場合も。見込み客も含めて顧客なんだと理解をして、必要かもしれないと感じた内容は、しっかり登録をしていくようにしましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします