好意の返報性とは

好意の返報性ってどんなもの?

例えばプレゼントをもらうと、お返しをしないと…という心理がはたらきますよね。これを好意に置き換えてみると、好意の返報性の意味が分かりやすいでしょう。

プレゼントをもらうだけもらっておいて、全く気にならないタイプもいますが、ほとんどの人は自分も相手にプレゼントを返さないと…と思うもの。この思いを好意に置き換えてみると、自分が好意を相手に伝えることの重要性が分かってくるはず。

つまりは自分が相手に好意を示していけば、相手もお返しに好意を示そうとしてくれる可能性が高いのです。つまり恋愛において、普段から脈ありサインを見せていれば、相手も好意に気が付いて、自分も返そう…と思うようになることに。

好意を持つ相手に対しては、普段から好意を見せていくのが必要です。これが出来れば相手も好意を示してくれる可能性が高くなるでしょう。自分は何も好意を見せずに相手からの好意を待つよりも、スムーズにやりとりが出来るようになるのです。

好意の返報性がうまくいかない場合

でも、せっかく好意を見せているのに相手から好意を示してくれない時もあります。これはタイミングを間違えている場合が多いでしょう。自分ではこのタイミングがベスト!と思っていても、相手が忙しくしていたり余裕がなかったりする時も。

こうなると好意を感じても、返すことが出来ないのです。好意の返報性を期待するのなら、相手が余裕のある時に好意を示すのが重要に。そうすれば、相手も落ち着いて好意を示すようになるでしょう。

でも相手に恋人や好きな人がいる場合は、簡単には好意を示してくれないかもしれません。でもすぐに諦めずに、好意をさりげなく見せていくようにしていれば、相手にこちらの思いがしっかりと伝わり良い形で返ってくるケースもあるのです。

ビジネスで活用するには?

好意の返報性をビジネスで使う方法

好意の返報性は恋愛にしか使えないと思う人は多いですが、実はクライアントとのやりとりにも使えるのです。好意と言っても様々な種類がありますよね。

相手を大切に思うという好意の持ち方もあります。相手に対して丁寧に接するようにして、相手の望むものを与えるようにするのも、好意の示し方です。これをクライアントに対して行うようにしましょう。

直ぐに結果は出なくても、やりとりをしていくうちに段々と好意が相手に伝わってきて、相手も返したい思いを持ってくれるもの。どのような形で返そうとするのかは、状況などにもよりますが、好意の返報性を感じたのなら素直に感謝の気持ちを伝えましょう。

そしてお互いの距離が近くなってきたと感じたら、このままの流れで契約に結びつけることも出来るかもしれません。相手が気難しいタイプでなかなか契約までは遠そう…と思っていても、好意の返報性を使うと段々と距離が近くなるケースも。

好意の返報性により恋愛もビジネスも円滑に!

好意の返報性をうまく使って、恋愛だけではなくてビジネスも円滑になるようにしたいですね。ただ押し付けのような好意の示し方ではなくて、相手の心の扉をノックしながら好意を示していくのが重要です。

相手には入ってほしくない領域もありますよね。そこに土足で入ることなく相手の心の状態を把握しながら、好意の返報性を活用していくようにしましょう。

相手としてもいつの間にか心の中に好意を感じて、不思議な気持ちになるかもしれません。でも違和感を与えることなく、やりとりをスムーズにするにはとても使えるものなのです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします