電話が苦手です…

電話が苦手な理由

なぜ電話が苦手なのでしょう?

電話を苦手とする多くの人は、怖いと感じたり、不安に思っているのです。これはコミュニケーションが苦手な人ばかりではありません。

友達に囲まれることが多かったり、リーダーシップがあるような人でも電話が苦手であることは珍しくないのです。

電話が苦手な理由として先ほど「怖い」という感情をお伝えしましたが、怖いのは電話ではなく、電話先の相手のことです。

相手が家族だったり、とても親しい友人や恋人であれば気軽に電話をかけられるのに、相手が企業の人や、あったことのない人であれば、緊張と共に「怖い」という感情が起こるようなのです。

電話を怖がらないようにしよう


とはいっても、電話を怖がらないようにするにはどうしたらいいの?という声が聞こえてきそうですね。ですが、対策は意外と簡単です。

まず、怖いと思う理由を考えましょう。

私も以前電話は苦手だったのですが、その時に怖いと思っていたのは、相手が何を質問してくるのか分からないというようなタイプの恐怖でした。

特に会ったことのないような目上の人や、電話にとても慣れているような人からの電話も怖かったのです。

なぜ怖がっていたのかというとその質問内容だけではなく、自分が的外れな回答をしてしまったらどうしよう、変な言葉遣いをして笑われるのではないか、失礼な事を言っているのではないか、とたくさんの不安が頭をよぎるからです。

まずはそういった不安を解消するように準備をして、電話を怖がらないというところから始めれば良いのです。

正しい日本語を学ぶ

先ほどの、「不安を解消する準備」です。

正しい日本語というと、日本語はとても難しいから…と不安になってしまいそうですが、電話対応に良く使うような表現だけ学ぶのは、それほど難しいことではありません。

「○○をしてほしい」を、「○○していただけませんか」といったような、簡単な表現方法を少しだけ勉強しましょう。

不安というのは、事前準備をすればするほど無くなるものなのです。

電話のマナー

声は大きく、はっきりと

簡単に電話のマナーをまとめてみました。

まず1つ目に電話というのは、相手に声が届きづらいものであるという事を覚えておきましょう。

大声で話す必要はありませんが、出先で周囲が少しうるさい状況であると、相手が聞き取れないということもあります。

普段話している声の大きさの120%ほどでやや大きめに話し、はっきりと口を動かして話すようにしましょう。

語尾をのばさない

たまに、○○ですよね~と語尾をのばす人がいますが、きっちりと「○○ですよね。」と話したほうが好印象ですし知的に感じられます。

電話は相手の表情が見えないため、無意識に声色や話し方から感情を読み取ろうとします。

普段より声に注目しているので、話す相手によってはとても失礼にあたります。

自覚なく語尾をのばしていた!という人も少なくないので、意識的に改善していきましょう。

失礼な言葉を使わない

これは大体の人ができているとは思うのですが、誰かを卑下するような表現や下に見る行為、聞いていて不快になる言葉遣いはしないようにしましょう。

電話相手が親しい友人でも、人間として、言葉遣いには気をつけたいところでもあります。

失礼な言葉を使って不快に感じさせたり、自分の評価を下げないようにしましょう。

いかがだったでしょうか?

電話のマナーを守り正しい言葉遣いを心がければ、電話で相手に不快な思いをさせることは少ないので怖がらずに電話することができそうですね。

準備を欠かさずに、たくさん電話をして慣れていきましょう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします