こんな服装はNG!

カジュアルになりすぎる

 

フォーマルな装いは暑く感じるものがほとんどです。従ってクールビズをするとなるとカジュアルになりがちです。
少しでも涼しくしようとすると露出が多くなり、生地も軽いものになるので仕方ないのかもしれません。

しかし服装の与える印象は大きいです。クールビズが推奨されていると言えど、過度なカジュアルに対しては厳しい目もあります。

十分に気を遣わなければいけないポイントです。

“透け”に注意

暑さ対策で涼しい服を選ぼうとするとどうしても薄い素材になってしまいます。

しかも職場ですので白系の服装をしなければなりません。そこで気を抜いてしまうと思わぬ落とし穴が…。

と言うのも、夏場は暑いので汗をかきやすいのです。家で着替えたときに確認したとしても、汗がにじみ生地が肌に張り付いてしまったら透けてしまいます。

下着が透けているとだらしない印象を与えてしまいますし、何より自分が恥ずかしい思いをするでしょう。それは避けたいですよね。
透けにくい素材を選んだり、肌馴染みの良い色のあまり目立たない下着を着用するなどの工夫が必要です。

今季おすすめアイテム

ポロシャツ

ポロシャツは通気性に優れます。また吸水性も良く、汗ばむことなく素肌をサラサラに保ってくれます。

その機能を活かすにはやはりコットン製がオススメです。ポリエステルなどの合成繊維も技術が発展して肌触りなどが良くなっていますが、やはり吸水性という点では綿のものには劣ってしまいます。

しかし綿のものはシワになりやすく洗濯が不安…。そんなときには綿とポリエステルが混合のものが良いでしょう。

速乾性を売りにしている製品もポロシャツには多くあるので是非調べてみてはいかがですか?

カーディガン

せっかくクールビズをしたのにオフィスの冷房の設定温度が低すぎて寒い!

こんなことが良くあると思います。そんなときには体温調節ができるアイテムが欲しいですよね。

そんなときにオススメなのがカーディガンです。

カーディガンであれば服装をあまり選びませんし、暑いときに脱いでカバンに入れてもあまりかさばりません。

脱いだら寒いし着たら暑い…。そんな微妙な温度の時も肩にかけるなどして活用の幅が広いのも魅力的です。

通気性の良いストッキング

夏場に悩むのがストッキングの蒸れです。社会人たるもの生足でスカートを履くわけには行きません。
それなりにカジュアルな装いが許されている職場であればチノパンという手もありますが、まだまだスカートを着用しなければならない場面も多いです。

そんなときに役立つのが夏向けの通気性に優れたストッキングです。お腹やお尻周りの蒸れやすい部分がメッシュになっているものなどがあります。

また、そう言ったものには接触冷感の素材を使用したものやUVカットの機能が施されたものもあります。

特に接触冷感の素材のものは、着用するとひんやりして気持ち良いのでオススメです。

自分に必要な機能が付いたものを選びましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします