性格的に問題がある場合

自分勝手な性格

自分のことしか考えていないような自分勝手な性格の人は、接していても相手が気分を悪くしてしまうでしょう。相手がこちらに対して気づかいをしてくれているのに、自分さえ良ければいいという態度を取る人も。

こうなると「この人のために何かしてあげよう!」とはなかなか思えませんよね。自分勝手な性格の人は、人が離れていく場合が多いでしょう。自分勝手かもしれないと思う場合には、相手の気持ちや考えを優先するように意識する必要があります。

相手の心を大切にするようにすれば、自然に友達ができやすくなるでしょう。相手のペースに振り回される必要はありませんが、自分のペースを押し付けるのもやめておいた方がいいいですね。

文句や悪口をすぐに言う

口を開けば文句や悪口ばかり…。こうなると「この人と話したい」と人は思わなくなってしまいます。誰でも文句や悪口を心に思うかもしれません。でもそれを我慢している場合が多いのです。

なぜなら、文句や悪口は聞いている側が決して気持ちのいいものではないから。これを理解して我慢をしている人が多い中で、文句や悪口ばかり言うと「もう聞いていられない!」と思われて、友達が出来なくなります。

出来れば、人の良いところを褒めるような謙虚な気持ちを持ちましょう。人を認めて尊敬する姿勢は、見ていてとても素晴らしいもの。この人となら話してみたいと、人から思われやすいのです。

問題を起こしやすい

トラブルメーカーの場合

自分では解決できないのに、トラブルばかり起こす人もいます。この人といると、トラブルに巻き込まれる…。そう思うと人は出来るだけ離れたくなりますよね。

なぜトラブルがよく起きるのかというと、運が悪いのではなくて自分自身がトラブルを作っている場合もあるのです。

トラブルを作ってしまう姿を見ていると、考え無しのように思われて近寄りたくない…と人は思うでしょう。なぜ自分はトラブルによく見舞われるのだろうと一度よく考えてみましょう。

「ここでもう少し考えて行動をしていれば、トラブルにならなかったかも」と思うケースもあるはず。これについては同じことを繰り返さないようにして、トラブル防止のために事前によく考えて行動する習慣をつけましょう。

人のせいにする

トラブルが起きた時に大切なのは、それをどう対処できるかです。トラブルを起こさない人の方がいいですが、もし起こした時に冷静に対処ができる人なら、周りから尊敬されるでしょう。

人が見ているのは、トラブルが起きた時の対処法なのです。これが出来ている人なら一緒に過ごしても安心だと、周りから思われるので友達ができやすくなるでしょう。

友達ができない理由を理解することが重要に

友達ができないけれど、それはそれでいいと思ってしまうと、本当に友達ができないままで日々を過ごすようになります。友達を持つことにより自分にとってプラスになる場合は多いですから、友達できない…と思うのなら理由を明確にしてみましょう。

自分と向き合うのは勇気が要ります。でもこれが出来れば、友達ができるようになる場合が多いでしょう。明確にしないままでいると、これから先の成長が無いのです。自分の成長のためにも、なぜ友達ができないのかをよく自分で考えてみましょう。

自分からの目線だけではなくて、自分と接する相手の目線で考えてみると「これが理由だ!」ときっと分かります。ここから改善策を見つけられるようになるでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします