嫉妬心がある場合

うらやましい気持ちがある

自分もこの人のようになりたいと思った時に、相手のことがうらやましくなります。そして嫉妬心が芽生えてくるのでしょう。

でも、うらやましいと素直に言うことが出来ないので、嫌がらせをしてしまうような心理があります。嫌がらせをして、相手を今よりもレベルの低い位置に落としたいと思うのかもしれませんね。

 

嫉妬心がある人は、嫌がらせをして自分の中の「うらやましくて仕方がない」と思う気持ちを満たしているのです。相手が嫌がっていたり傷ついていたりする姿を見て、満足感を得る場合も。

自信が持てない

自分は自信が持てないのに、相手は自信があり堂々としている…。この姿を見た時に自分との差を感じるのでしょう。この差をあまりにも強く感じると、自分が劣っていると思い耐えられなくなる場合も。
そのため相手に嫌がらせをしないと、自分を平穏に保てないのです。自分を保ちたいと思う気持ちがあるため、嫌がらせをするしかない場合も。相手から見れば「なぜ嫌がらせをしてくるの?」と理解出来ないかもしれません。

でも嫌がらせをして、相手に少しでもダメージを与えられれば、それにより自信を持てたりするのです。こうしないと自信が持てない自分に対して、なんだかとてもやるせない思いを持つ時もあるでしょう。

ストレスが溜まっている

自分にとってのストレス解消法

「〇〇さんに嫌がらせをすると、気持ちがスッとする」と思う人もいます。自分にとってのストレス解消法だと思い、嫌がらせを続けるケースもあるでしょう。

嫌がらせをされた方としては、そんなことに自分を利用してほしくない思いを持つもの。でも立場的に「嫌がらせをしないでほしい」と言えない可能性もありますよね。

相手に対して自分の立場が上の場合には、ここぞとばかりに嫌がらせをして、自分のストレスを軽減させようとする心理も。こういう自分の性格を悪いと分かっていても、ストレス解消法として使えると思っているので、やめられないのです。

イライラしている

嫌がらせをする時の心理は、心の中でイライラが募っているから。イライラしている自分をコントロールできなくて、自分を制御するために嫌がらせをするのです。

イライラしている自分を分かっていても、止めることが出来ずに嫌がらせをしてしまう場合も。人が傷つくのを見ていると、なぜか自分のイライラが収まる場合もあるでしょう。イライラしていたくないと思うため、嫌がらせをしてイライラを軽減させる心理もあるのです。

以前はそんなことがなかったとしても、いつのまにか嫌がらせをする性格になってしまった人もいます。こういう人に対しては、出来るだけイライラを減らすために明るい話題を提供できるといいですね。

嫌がらせをする心理は理解しやすいもの

一般的には、嫌がらせをする心理は理解しやすい場合が多いです。うらやましいと思われていたり、自分のストレスを解消したいと思っていたり。

こういう思いを持っているから、嫌がらせをしてくるだけの場合もありますので、嫌がらせをしてきたからといって、過剰に反応しないようにしましょう。過剰に反応をすると、こちらの反応を見て、相手が楽しい思いをする可能性があります。

こんなことで相手が楽しむなんて悔しいと思う場合には、相手の嫌がらせに屈しない強い精神が必要です。「嫌がらせをすることでしか自分を保てないなんて、かわいそうな人」と思うようにすれば、相手の嫌がらせもうまくかわせるようになるでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします