クールビズってなに?

クールビズの語源

「COOL BIZ」が正式名称で、政府が普及を呼びかけているビジネス用軽装のことです。

地球温暖化防止のために、オフィスでの冷房温度をおさえる効果を期待したものです。ただ明確に決められていることが少ないので、取り入れた企業も若干混乱気味なのが現状です。

間違えやすい認識

冷房の設定温度28度に対するビジネス用軽装として政府から発表されたため、クールビズを取り入れている企業は、冷房の設定温度を28度固定にしているところが多いです。

クールビズが政府から発表されたのは2005年です。いま、地球温暖化といわれ、2100年までに最大4.8度程度気温が上昇するという発表がありますよね。

このクールビズは28度の冷房設定でも快適に過ごせるように、と作られていますが、実際は28度に何の根拠もありません。

そして発表された2005年よりも確実に暑くなってきているのです。28度は大体の目安として認識していないと、せっかくクールビズを取り入れている会社なのに、熱中症などの問題が起きる可能性があるのです。

間違った認識は危ないので、ぜひ知識を取り入れてくださいね。

クールビズの期間

いつから、いつまで?

2017年の期間は5月1日~9月31日だそうです。2016年と比べて1ヶ月程度短くなっていますね。

とはいっても、5月1日から社内が一気に涼しくなるとは考えられません。

様々な人がオフィスにはいると思うので、会社でいきなり浮いてしまうことのないように、徐々にクールビズを取り入れていくのがお勧めですよ!

クールビズの服装

半袖だけではない!

クールビズの定義として「ノーネクタイ・ノージャケット」とあります。

半そでのシャツを身につけることがクールビズではないことが良く分かりますね。

ただし、私服だと勘違いする人も中にはいるので、そこは注意してください。まとめると、

①シャツは長袖か半そで
②スラックス(スーツのパンツ)
③革靴

といった服装がクールビズとして適しているといえますね。

注意

2つ注意してほしいことがあります。

まず1つ目は営業などの外回りの仕事をしている人は自分の会社がクールビズを取り入れていても、相手先の会社は分からない、ということです。

クールビズという言葉がこれだけ浸透していても、軽装というイメージには変わりなく、大事な会議にノーネクタイ・ノージャケットはまだまだ厳しいです。

会社内では軽装でも良いのですが、外回り用にネクタイとジャケットを用意していたほうが無難ですね。

2つ目は、いくら涼しい格好をしていても清潔感がないのはNGです。

軽装になるからこそ、見えてくる汗や匂いなどのケアは男女問わず、しっかり対策をしてください。

いかがだったでしょうか?

いまさら、クールビズが何かなんて聞けない…といった人は結構多いのではないでしょうか?

実際クールビズを取りれている会社で熱中症にかかってしまったという人は多いのです。

この記事が、そんな人の助けになれば幸いです。夏も涼しく、仕事に取り組めるよう、クールビズを取り入れてみませんか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします