古い気質の人の場合

黒髪が一般的

もともと古い気質の人の場合には、営業なら黒髪だろうと思っていることが多いです。黒髪ではなくて茶髪で営業に来た相手からは、商品を購入したくないと頑なに考えている人も。

こう考えると出来れば黒髪にしておいた方が、商品購入に結びつけやすいように思うもの。実際に年齢が若くても古い気質の人はいます。こういう人から見ると営業で茶髪は、軽くて仕事をちゃんとしていないように見えてしまうのでしょう。

バカにされているように思われることも

茶髪で営業に行くと、まるでバカにされているように思われるケースも。こちらは至って真剣なのですが、それを説明しても理解してもらえないのです。

営業に茶髪で来るなんて…と最初から否定されてしまう相手もいますので、相手によっては、黒髪になるスプレーなどをして茶髪を隠して営業に行ったほうが、ちゃんと話を聞いてもらえる場合もあるでしょう。

営業で茶髪OKと思われる理由

相手の業種による

例えばお洒落な雰囲気が売りのアパレル系の職業、または美容系などの職業なら茶髪でも受け入れられる可能性があります。茶髪だからこそ、洒落で魅力的だと思われて好かれたりすることもあるでしょう。

相手の業種により感覚が違う可能性も多々あります。でも相手がどう受け取るのかは、実際に仕事をしてみないと分からないもの。そのため営業に茶髪で行くのは、賭けのようなものになります。

この賭けに本当に勝てるのか、それは自分の勤める会社の今後の売上にも大きく関わってくるのです。

こちらの業種による

相手の業種も関係しますが、こちらの業種も関係してきます。うちの業種なら営業に茶髪もOKだろうと上司が言う可能性も。

逆に茶髪で営業に行き、印象づけてくるように言われるかもしれません。確かに営業に茶髪で来た場合には、インパクトがありますよね。相手にインパクトを残すために、営業に茶髪で行くように命じられる場合も時にはあるでしょう。

自分の信念について

自分は絶対に茶髪でいたいと思う人もいます。そういう人から見れば、営業職だからといって髪を黒くするのは、自分の信念に反すると考える場合も。確かに自分の信念はとても大切です。

でもこの信念を強く持ち過ぎると柔軟性に欠けるため、社内でもうまくいきにくいのです。上司から茶髪禁止と言われているのに、信念を貫こうとするともめてしまう可能性が高いでしょう。

社内での人間関係が悪くなるような場合もありますので、そこまでして貫きたい信念なのかを一度考える必要があります。これを考えないと、今後の自分の将来に大きく関係してくるでしょう。

プライドがあるかもしれませんが、持っておきたいプライドと捨てた方がいいプライドもあるのです。営業に茶髪で行くというプライドは、どちらのプライドになるのかを考えてみましょう。

会社のこれからの発展のため、そして自分の営業成績のためなら、このプライドは不要と考えるようになるかもしれませんね。

営業に茶髪で行く場合はケースバイケースで

営業に茶髪で行く場合には、相手を見てから…の配慮が必要になります。自分が気に入っているから、黒髪にするのは嫌だからという考えだけでは、ビジネスにおいては成功しにくいでしょう。

自分の考えだけではなくて、相手に与える印象についてもしっかり考える必要があります。営業に茶髪は絶対にNGのわけではありませんので、ケースバイケースで柔軟に対応をしていくようにしましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします