文章力の必要性

言葉とは伝達するために必要なものです。そして文章とは伝えやすくするためのテクニックです。日本人であれば個人差はあるものの、大体歳位から日本語を使っていたでしょう。

ある程度の年齢になれば伝えたいことのために、どう言おうかとは考えません。日常会話のレベルの文章なら頭の中にぱっと浮かんできますよね。

文章力を使う仕事なんてしてないんだし、文章力なんてわざわざ鍛えなくてもいいと思っていませんか

文章力が高ければ、例えばプレゼンなどで大活躍できます。大事な相手との商談でも上手くいくかもしれません。文章が相手に伝えることってとても大きなものがあるのです。

文章力を高めるつのコツ

①情報整理

まずは何を話そうか、何を書こうか考えます。ここでは分かりやすい例えとして、企画書の書き方と文章力を絡めて説明していきます。

ここではテーマのような決定事項ではなく、あくまで書くことのネタ探しを指しています。

②メモを取る

情報を得たらきちんと書き出しましょう。頭の中で整理できる、と考えている人もです。

いま持っている情報が全てではありません。これから細かい情報や複雑な情報を得たときに、困惑してしまわないようにメモを取ります。

そのメモは最後まで捨てることはないので、しっかり持ち歩くのがベストです。

③正しい文法を学ぶ

普段から文章について勉強しておくべきなのですが、企画書の書き方として勉強するならこの段階で文法を学んでも全然遅くはありません。

企画書上でのよく使う言い回しや、数字の表記など気にするポイントはたくさんありますよね。

分からないことは上司に聞きましょう。本やネットで調べた文法、表記がどんなに正しくてもその会社のルールであるのかは、その会社の人間にしかわかりません。

④構成を考える

 

ある程度のネタを収集できたら、どんな順番で構成するかを考えます。相手に伝えたいことは最初と最後に配置するとまとまりが良い文章になります。

また最初に結論を書くときは、その次に理由を書きましょう。相手を納得させるには理由が分かりやすいことが大切です。

そして、本当に強調させたい言葉は何度も繰り返し書くより、強調したい単語を散りばめたほうが重要度が高まります。

⑤そのテーマに需要があるのかをリサーチする

ここで書き出せるのですが、本当に需要があることなのか、記載することに大きな間違いはないかなど、内容の確認をしてみましょう。

需要が高ければ必要とされる文章になりますし、相手が関心を寄せやすくなります。

テーマについてインターネットや書籍を使い、様々な発見をしましょう。

⑥みんなが見たいと思うようなタイトルや説明文を考える

文章力には直接関係していないので必要ないと思われがちですが、大きなプロジェクトのプレゼンで企画書の内容が膨大な場合、目次でどのページを見せるか判断します。

その目次が分かりやすくなければ、どのページに何が書いてあるか分かりませんよね。

みんなが見たいと思えるような目次を書くことも、文章力を高めるには必要な工程であることを忘れないでくださいね。

⑦とりあえず最後まで書いてみる

ここまで用意ができたら、とりあえず最後まで書いてみましょう。ある程度の言い回しや文法は下調べをして学ぶことができています。自信を持ちましょう。

⑧声に出しておかしい箇所がないか、誤字脱字を確認

最終確認です。最後に、最後まで書いた文章を声に出して音読しましょう。そして耳で聞き、おかしい箇所がないか確認します。

また見直しすることで、誤字脱字の確認も一緒にできます。この過程を怠らずにすることで、小さな信頼から勝ち取りましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします