やる気が出ない原因

①やることが決まっていない、明確でない

人は決められた行動をとるのが得意です。自由になりたいと日頃から感じていても、自由に何でもやっていいよと言われてしまうと、何をどうしていいか分からなくなるのです。

やる気を出す前に、何をしたいのか決まっていますかもし決まっていても、それはあやふやなイメージではないですか

抽象的なイメージや緩めの計画は、後にやる気が出なくなる番の原因でしょう。

②期限に余裕がある、期限なし

次に期限です。やり遂げるまでの時間配分は考えていますか最初は走り抜けるつもりでも、途中で投げ出したくなるときもきっとあるでしょう。

そんなときに、期限までに余裕があったり、そもそも決めていなかったりすると、時間あるから後回しにしようという考えがでてきてしまいます。

やる気が落ちてきているときに逃げ道を見つけてしまうと、戻ってくるのは難しいかもしれません。

③そもそも苦手な分野

楽しいと感じていることや、高みを目指すために取り組んでいることであれば良いのですが、なかには会社に強制されて資格取得にチャレンジしている等の、元々苦手な分野であることもありますよね。

苦手な事に無理して取り組み、やる気が落ちない人はいないと言っても過言ではありません。最初から苦手分野の場合、物事に取り組む前からやる気がない場合も多いです。

やる気を出すにはどうしたらいい

①やることが決まっていない、明確でない場合の改善策


何かを始める前にこそ、これは絶対にやりたいと思う力や信念がないと途中で挫折してしまいます。

何か抽象的なイメージを持って、始めようとしている物事であればやる気はでません。

これを始めることで自分はこうなるんだといった明確なものをイメージするようにしましょう。

②期限に余裕がある、期限なしの改善策

しっかりと期限を決めましょう。どんなに逃げても、絶対的なゴールがあれば、そこまで頑張ろうとする心理が働きます。

ゴールがまだまだ先だったり、ゴールがない持久走なんて嫌ですよね。普段長距離型だよっていう人も、今回は短距離型にチェンジして、やる気を引き出しましょう

③そもそも苦手な分野の改善策

一見、解決策が見つからないと思われがちな「そもそも苦手」という気持ちですが、これは自分次第でどうにでも変えられる、大きなポイントです。

自分には全く必要性のない資格を取らなくてはいけないときに、その内容が苦手分野であるとしたら、勉強する事を楽しみましょう。

苦手分野を直視するのではなく、他の事に目を向けるといいですよ。

行動のポイント化

やる気を出すには行動のポイント化

「行動のポイント化」を提案させてください。

やり方は簡単で、やる気がでないからやらないという思考を、ポイントがもらえるからやる、へと変えるだけです。

やる気がないなと感じたときに、逃げずに取り組んだらポイント獲得、今日中に仕上げたらポイント獲得といった具合に、行動のポイント化を始めると楽しくできますよ。

もちろん貯めたポイントは自分で交換できます。

例えば、ポイント溜まったらずっと食べたかったあのスイーツを食べる、ポイント溜まったら欲しかったバッグを買うなど事前に決めておけば、もっと楽しめますね。

このようにやる気を引き出して、逃げずに立ち向かってくださいね

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします