転職先が決まっていない時

転職先を決めずに会社を辞めた場合

転職先が決まっていないのに会社を辞めてしまうと、自分の望んでいる条件の転職先を見つけられない場合も。

先に決めてから辞めた方が、納得した辞め方も出来るでしょう。でも転職先が決まっていないのに辞めてしまうと、慌てて転職先を探すのでかなり妥協が必要になるケースも。

自分ならどこでも受かるだろうと思い、転職先を決めずに辞めてしまうと結果としてなかなか採用されずに、長い時間無職でいなければならない可能性もあるのです。

無職でいることのストレスを感じる

転職できずに無職でいる期間は、辛いものがあります。その期間は友達とも会えない…と思う人もいるでしょう。でも転職先が決まっていたら晴れ晴れとした気持ちで人と会えるのです。

いつまで無職でいなければいけないのかな…と思うと、先が見えなくて落ち込んでしまう時も。こういう時に会社を辞めて後悔をするでしょう。軽い気持ちで辞めてしまうと、次の就職先を探すのに苦労する場合も。

前職のメリットを感じる時

辞めてから良さに気が付く場合も

勤めている時には、早くここを辞めたい!と思うかもしれません。でも辞めてみて「良いところも結構あった」と思う場合もあるのです。

少し離れてみないと、今勤めている会社の良さが分からないこともあるでしょう。辞めると決める前に、少しの期間でも会社を休んでみるといいですね。これにより、自分にとってこの会社が必要な存在なのかが分かるのです。

でもこれを理解しないで辞めてしまうと、後から後悔する可能性も。もう少し考えれば良かったと思わないように、前職のメリットにはどのようなものがあるのか、じっくり考える時間を持ちましょう。辞めるのはいつでも出来ると思えば、少し休んで考える時間が持てるはずです。

辞めてから魅力を感じた

人間関係も悪くなかったし、お給料もまぁまぁ良かった、仕事内容についてもそれなりに満足していた…と思うと、なぜ辞めたんだろう?と後悔することも。

この3つがある程度問題なければ、この職場は貴重なものだと思っても良いでしょう。人間関係、給料、仕事内容のどれかがどうしても耐えられない時には、退職を考えても良いかもしれません。

あまり頑張り過ぎて無理がきてしまうこともあるからです。でもこの3つに問題が無ければ、出来るだけこの職場でうまくやっていくように考えた方が賢明でしょう。でも、もっと自分の力を試したいから!という理由で退職をする人もいます。

ところが、これが転職先で転職の理由として受け入れてもらいにくい場合もあるのです。自分のわがままで退職をしたと、取られてしまう可能性も。そのため、どうしても就きたいと思った職業がある時や、今の職場にいると心身がもたない…と思った時には、退職を考えるようにするといいですね。

こう思って辞めたのなら、会社を辞めて後悔をする可能性も低いです。自分は辞めて良かったんだ、これで正しかったと納得が出来るでしょう。

会社を辞めて後悔をしないようによく考えてみよう

辞めるのはいつでも出来ると思うと、焦って辞める必要はないと思えてくるかもしれません。辞めるよりも続けることの方が大変で努力が必要になり、成長出来る場合が多いでしょう。

こう考えると「今ここを辞めるのは時期尚早」と思い直して、退職を思いとどまるようなこともあるはずです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします