充実とは

「充実」ってなんとなく使う言葉ですよね。どんな意味があるのか、おさらいしましょう。充実とは「中身がつまっていること」を示す言葉で仕事、人生、恋愛など、その主語に対してどれだけ密度濃く中身がつまっているかで、充実度が計れます。

また勉強や無理をして苦しいことにも「充実」という言葉を使うこともあります。それは自分の意識次第で、夢のため、何かを守るために頑張っていることだとしたら、それは充実しているといえます。

充実している人って具体的にどんな人?


では充実している人とは具体的にどんな人なのでしょう。

充実している人というのは、困難なことにも「充実している」と言える思考の持ち主です。これは先天性の才能やセンスではないので、気持ちの持ち方、考え方次第でどんな風にも変われます。

中身がつまっている生活をしていると第者が感じても、その忙しくしている本人が充実していると感じていないのであれば、それは充実しているとはいいません。

充実している人とは何かに向かって頑張ることが、自分自身の成長にも繋がっていると感じられる人のことなのです。

私生活も仕事も充実している人の特徴セルフチェックしてみよう

①感謝できてる

まずは何よりも大切なことなのですが、きちんと感謝をしていますか意識して感謝を感じると、思っているよりも多く毎日感謝するべきことがあることに気付きます。

また感謝しているが言葉にして相手に伝えていない人がいます。仲良しであっても、相手と自分は別の人間ですし、感情も違います。

相手に分かってもらえているから大丈夫と思っている人は、その考えが相手への期待であることに気付いてください。そしてどんな間柄の人にも感謝をしたら伝えるようにしましょう。

②謝罪ができる

また反対に、謝罪するべきことに反省して謝罪できていますか感謝とは違い、自分のプライドが高いと思っている人にとっては難しいものでしょう。それでも自分が悪いと納得したことからは逃げてはいけません。

謝罪することができる人は問題をそのまま先延ばしにしないので、人間関係での問題を抱えにくい傾向があります。それが充実に繋がるのです。

③「自分がよければそれでいい」という思考になっていない

自分がよければそれでいいと考える人のことを総称して、「自分勝手」や「自己中心的」といいますよね。確かに人の事を気にしすぎて生きていくことは自分の充実からは程遠いですが、自分勝手に好きな事をしていていいわけではありません。

自分は自分だからと軸のある人間と、自分がよければそれでいい思考を持つ人間は違うのです。自分がよければそれでいい思考を持つタイプの人は充実からは程遠いでしょう。

④気付いているのに気付かないフリをしていない

あなたは人に気を遣えますか大体の人が「はい」と答えるでしょう。ですが、気遣いを行動に移せているでしょうか困っている人を見過ごしてはいませんか

「気遣いのできない人」と「気付いていない人」は違うことに気付きましょう。

いかがだったでしょうかセルフチェックして、あなたも人生全体を充実させてみませんか

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします