すぐに出来ること

深呼吸をする

誰かに対してイライラを感じる時には、まずは深呼吸をしてみましょう。自分の考えをそのまま伝えてしまうと、ここで衝突してしまいます。

でも深呼吸をすると、少しリラックスが出来て相手へのイライラを抑えられるのです。こんなことぐらいで?と思うかもしれませんが、一呼吸をおくためにも深呼吸を出来れば2回ほどしてみましょう。

これをしているうちに、イライラの原因について「たいした内容ではなかった」と思えてくる場合もあるのです。イライラしたら深呼吸を2回するのを習慣づけておけば、いざという時に役立つでしょう。

好きな飲み物を飲む

コーヒーでも紅茶でもお茶でもいいのです。自分の好きな飲み物を落ち着いて一口飲んでみましょう。これが出来るとかなり落ち着いてくるのです。自分がイライラしていたのがまるで嘘のように、穏やかになれる場合も。

職場の場合はお酒を飲むわけにはいかないですが、コーヒーや紅茶などの好きな飲み物を飲むだけでも、イライラを抑えるのが可能になります。意識がそこに集中出来るからでしょう。

普段からデスクに自分の好きな飲み物を置いておくようにすると、すぐにイライラを抑えられるようになります。保険の意味でも置いておくといいですね。

鏡を見る

洗面所に行って鏡を見てもいいですが、職場に鏡がある時には一度見てみるようにしましょう。イライラしている自分はこういう顔をしているんだ…と分かると、これではいけないと思えてくるのです。

そして鏡を見ると客観視が可能ですから、こういう時には鏡を見てみましょう。デスクの引き出しに小さな鏡を入れておくのもいいですね。サッと見てみるだけでも、イライラしている自分を抑えようとする自分が生まれてくるので不思議です。

少し時間がある時に出来ること

落ち着いた曲を聴く

癒されるような曲を聴いてみるのもいいですね。音楽の力に頼ってみましょう。イライラを抑えるのに少し時間がかかってもいい時なら、イライラを誰かにぶつけるよりも、穏やかな曲を聴いてみるのをお勧めします。

穏やかな曲を聴いているうちに、自分の心がゆったりしてくるでしょう。そしてイライラするのは止めておこう!と思えてくるのです。イライラした時にはこれを聴いてみようと、自分自身に合う曲を知っておくと、いざという時にも役立つでしょう。

普段からイライラしやすい人は、自分が落ち着ける曲を知っておくととても便利です。少し時間をかけるだけで、気持ちの切り替えが出来るでしょう。

話を聞いてもらう

イライラするのには、何かに対して腹が立っていたり文句が言いたかったりする時が多いでしょう。でもそれが出来なくて更にイライラしてしまうのです。

こういう時には、自分の思いを聞いてもらうようにしましょう。自分にとって信頼出来る相手がいれば、穏やかに話を聞いてもらえるでしょう。でも気を付けたいのは誰かの悪口だけの話にならないようにすること。

それに対しての自分の思い、これからどうしていけばいいのか悩んでいるという内容をしっかり伝えるようにしてみましょう。

イライラを抑えるのは訓練でも出来る!

普段からイライラを抑えるのを上手く出来るようになれば、自分にとってかなりプラスになります。イライラが良い方向に向かう場合は少ないでしょう。冷静な考えが出来ずに人間関係にとってもマイナスに。

こう考えると、自分がイライラするのを抑えることが出来るように普段から軽い訓練のようなものをしておけば、自分にとってもとてもプラスになるのです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします