サイコパスってどんな人

サイコパスの人格


サイコパスとは、精神病質、あるいは反社会性人格障害などとよばれるような特殊な人格をもつ人の事を指します。

もっと簡単にいうなら、「良心を持たない」人格といえます。

特殊と表記しましたが、数は少なくありません。一生のうちにサイコパス(っぽい人も含む)と出会わない確立のほうが低いみたいです。

同情も共感もしないサイコパスですから、危険人物という感覚を持っておいて損はありませんよ。

サイコパス診断

口が達者

言葉がたくさん出てきます。というのも、サイコパスは頭の回転が速い人が多いのです。

口からでまかせは多いのですが、単語が次々に出てきて一見トーク力がある人に見え、非常に魅力的なのです。

うそをつくことが多い

先ほど書いたように、口からでまかせが多いのもまた事実です。サイコパスは平然とうそをつきます。それも罪悪感や後悔は一切ありません。

うそをつくのは非常にエネルギーの要ることですが、サイコパスはエネルギーを使わずに嘘がつけるのです。

衝動的な行動

感情は冷淡ですが、怒りには大きく反応します。大人になっても怒ったときに暴言を吐くだけでなく、殴る、蹴るなどの暴力に達します。

またそれをおかしいと思うことがないのもサイコパスです。

思いやりがない

サイコパスは人に思いやりがありません。相手が嬉しい、楽しいと思っていることはどうでもいいのです。プラス方向の感情については興味がありません。

思いやりができないのではなく、思いやりが何なのかも分からないのがサイコパスです。

また犯罪者になってもそれが正義で、正しいと思っている場合が多いのです。

同情をひこうとする

サイコパスは口だけではなく、演技も上手です。相手に同情してもらい、かわいそうな人だと思わせることも簡単なのです。

その先の目標はその人次第ですが、手段としてまず同情をひこうとする人が多いです。

サイコパス診断、いくつ当てはまりましたかつ以上当てはまる場合はサイコパスである可能性が高いです。

サイコパスの対処法

①冷静さを保つ


こちらが感情的になると簡単に操作されてしまいます。感情的になっているときは気分が高揚してしまい、冷静な判断ができなくなることも多いです。

弱みを見せない態度が必要なので、できるだけ冷静になりましょう。

②相手の話を鵜呑みにしない

責任を他者に押し付けたがるのがサイコパスです。同情してしまうと、上手く責任を擦り付けられてしまうかもしれません。

サイコパスに同情はいらないのです。

③できるだけ避ける

サイコパスにはどんな方面から攻撃されるか分かりません。サイコパスであることに気付いたら、近づかないことが最も簡単な策だといえるでしょう。

またサイコパスと知らない場合でも、違和感を感じることがあります。違和感を感じた全ての人を避ける必要はありませんが、危険が伴うと判断した場合はゆっくり避けましょう。

④絶対自分はひるまない

サイコパスは脅迫や攻撃で支配します。恐怖と変わってしまうと人間は行動することが難しくなる事を知っているのです。脅迫や攻撃に絶対にひるまないでくださいね。

いかがだったでしょうかサイコパスは笑いながら人を傷つけたりします。

逃げることは必ずしも負けではありません。サイコパスに普通は通じないので、何が起こるかもわからないのです。危険を察知したら逃げましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします