上司に使われるだけって思っていませんか

①お酒の力で深い話ができる


大体の人はお酒が飲めるから飲み会に参加しているのでしょう。もしあなたが飲めなくても、相手は上司だろうが部下だろうが酔っ払いに違いありません。強くてもお酒を飲んで酔わない人はいないので、お酒の力を借りて少し深い話をすることもできますよね。

これからの自分についてや、将来が不安なことを聞くとその対処法を教えてもらったりもできますよ。実は内気であったり、不器用なだけで部下の事を番に思ってくれている上司を発見できるかもしれませんし、面白いこともたくさんあるのです。

②ほろ酔い状態での気遣いは感じ取られやすい

普段、どんなに気遣いをしてもお礼すら言ってくれないという感じ悪い上司っていますよね。もしそんな上司が料理を取り分けただけで「ありがとう」と言ってくれたら、どうでしょう

泥酔してしまうと記憶がなくなる人もいますが、ほろ酔い状態は人の優しさをよく感じ取れる状態です。

たかが飲み会ですが、されど飲み会、といった感じで飲み会で気遣いを感じて、会社でもあなたへの対応が変わるかもしれません。部下なりの親切心を分からない上司には、ぜひここで感じ取っていただきましょう

③上司の苦労話は自分の選択肢に有効

いい具合に酔ってくると、大体の上司は過去の栄光などを語りだす、という経験はありませんか

まだ若い部下の前で自分はもっと苦労したと話してみたり、自分の考え方が大人である事を感じさせることで優越感を得ようとしているのだと思います。

とても面倒に感じるかもしれませんが、実はこの話、結構自分のためになることが多いんですよ

上司がずっと同じ会社で働いている場合、自分がこれから先ぶつかるかもしれない壁に上司も当たっている確立は非常に高いです。上司は自分がどう対処したのかを武勇伝のように語ってくれるので、あまり質問を返さなくても様々な事を話してくれます。

そしてそれが失敗したと聞けば、少なくとも自分は上司と同じミスを繰り返さずに済みますよね。上司の面倒な話を、自分の選択肢に変える絶好のチャンスなのです

④あなたが女性の場合、払ってくれるかも

これはあまり期待しないほうがいいのですが、男性が優位とされてきた時代を生きている代は女性に払わせることを躊躇う傾向があります。また格好つけたいという心理がお酒の力で、さらに働くと考えられます。

食事代が食分減る、と考えたら嬉しいですよねもしどれにも魅力を感じなかったときには、払ってもらえる事を願いつつ、飲み会に参加するのもよいかもしれませんね。その場合、きちんとお礼は言いましょう。


いかがだったでしょうか会社の飲み会って大変なことばかりだと感じてたあなたは、見方を変えてみましょう。

いつもは面倒だと感じている上司も、お酒の力を借りたらとても人情がある上司なのかもと見方が変わるかもしれません。

行動するのはいつでも自分の意思の上にあるので、その行動に意味を持つものでなければ魅力的に感じませんよね。それなら魅力あるものにしてしまいましょう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします