そもそもネットビジネスとはどんなビジネスなの


曖昧なものだからこそ、ネットビジネスがどういうものなのか分からない人も多いのでしょう。

ネットビジネスとはどういったものでしょうか簡単に説明するとその言葉の通り、インターネット内で仕事をして稼ぐビジネスのことをネットビジネスといいます。とはいえ、具体的にどんな内容のものなのかは想像がつきませんよね。

形が決まっていたり、方法がつではないのがネットビジネスの面白いところでもあります。細かいものも含めれば到底絞りきれませんが、ネットビジネスを分かりやすく、大きく3つに分けてみました。

ネットビジネスの種類

①アフィリエイト

インターネットを頻繁に使用する人はこのアフィリエイトという言葉に出会う機会が多いですよね。カタカナで一見怪しそうに感じるかもしれませんが、現在子供のあこがれる職業のTOPに入る「YouTuber」もアフィリエイトで稼いでいます。

通常、動画を視聴するだけでお金が発生しているとは考えにくいですよね。その考えは正しいのですが、YouTuberは自らの動画の間に広告を載せ、広告を見てもらったりその広告の商品を購入してもらうことで、企業からの謝礼という形でお金が発生するという仕組みです。

動画を見てもらう、ということで動画をつくるための「企画力、実行力、制作力」が必要です。存在するものに後付けするため、貼り付けるものを作る必要があるのです。

②転売

【記事内】
次に転売です。転売も聞く人によっては怪しいと感じるでしょう。ですが身近なもので例えると、中古販売のお店と同じです。

中古販売のお店は品物を安く仕入れ、ある程度の値段で売っても、中古の品物なので買い手側は安く買えて満足し、売り手であるお店の利益にも繋がります。その状態をお店を持たずに再現しているのが転売です。

今はフリーマーケットのように、個人が物を売り個人が買うといったことがネット上で完結するのです。このネット上での転売は専用のアプリやコミュニティーもあり、未払いなどのトラブルを防ぐこともできますし、なにより膨大な数の在庫を抱えずにすむので、在庫を保管する場所やお金の心配、失敗のリスクがとても減少するのです。

物を販売するため、「販売力」が必要です。商品を魅力的に紹介する語彙力や、早めの対応力も必要ですね。物があり、サービスがあればすぐに始めることができるので、この種類の中でも比較的簡単なネットビジネスです。

③情報販売

3つ目に情報販売です。自分には提供する情報がない…と難しく感じる必要はありません。なぜなら情報販売は自分の得意なものや経験のあるものから販売すればいいのです。

絵が得意、歌が得意でもいいですし、話を聞くことが得意な人は心理的にサポートするのもよいですね。どんなことでも情報として販売することができるのです。

情報販売は情報の良し悪しも大切なのですが、どんな情報かということよりも、この人の情報が欲しいと思ってもらうことが売り上げに繋がる番の近道です。そのため「集客力」が必要になります。

SNSなどの他の媒体でファンがいるなど、多くの集客を見込める人にはこの情報販売がおすすめです。

初心者におすすめなネットビジネスはこれ

3つ紹介してきましたが、どれが初心者にとって簡単なのかというと、やはり転売だと思います。アフィリエイトは利益率が低いので、自分の商品がどれほどの人に影響力を与えるかで収入が変わってきますし、情報販売はそもそも情報を提供できるくらいにまとめたり、自らの信用問題を上げるために半年年の期間が必要です。

そのため、短期間で収益率の高いネットビジネスは転売といえるのです。

昔はネットビジネスというと副業という感覚が強かったり、セキュリティの面でも危ないところが多かったのですが、インターネットが普及したことである程度の問題は解決されて、今では本業として稼いでいる人も多いのです。

アメリカではの人がネットビジネスで稼いでいるみたいですよ。これから先、どうなっていくのか分からない社会で収入口をつにしておきたくない人にもおすすめなネットビジネス。しっかりと仕組みを把握してから取り組みましょう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします