行動心理という言葉を聞いたことがありますか

行動心理とは人が何か行動を起こすときに、本心と行動が伴うといったものです。会話中に無意識に相手から視線をはずしても、その視線をはずした方向でその人がどう感じているのかが分かります。

ただし注意していただきたいのは、行動心理を学ぶことはズルをすることではありません。あくまでも関係をよくしたり、ビジネス上でよい提案をするためのものなので悪用は厳禁です。

では一体行動心理とはどういったものなのでしょうか代表的な例で見ていきましょう

鼻を触る・足や手を組む・アイコンタクトの方向

鼻を触る

無意識に「鼻を触る」こともありますよね。それも無意識な場合は行動心理が働いている場合があります。相手と会話をしている際、本心を隠しているときによく見られる行動が「鼻を触る」です。

足や手を組む

また、日常的に「足や手を組む」ことが癖になっていませんか常識として、相手と会話をしているときに足を組んだり、手を組んだりすることは失礼に当たるのでやめるべきなのですが、もし足を組みたい、手を組みたいといった衝動を感じた場合、会話をしている相手のことを受け入れたくないという心理が働いています。

相手の事を本当は苦手であったり嫌いであったり、または警戒しているということも考えられます。

アイコンタクト

次にアイコンタクトです。基本的に会話する相手の目をみて話すと思いますが、ふとしたときにそらしますよね。

視線をそらした本人も、そらされた本人もアイコンタクトの意味を知らなければ気にならない程度のものですが、実は視線をそらす方向でどう感じているのかが分かります。

また、行動心理などの心理についての勉強をしたことがある人は意識的に視線をチェックしていると思います。

視線を左上にそらす時は未来を想像しているといわれます。例えば、どんな結婚式をしたいかと尋ねられたときに無意識に視線をそらす方向が左上ということになります。

また視線を右上にそらす時は、過去を想像しているといわれます。昨日何食べたと尋ねられた場合は右上に視線がそらされるということですね。

左下へ視線をそらした場合は外部からの体の刺激に対して集中しています。そして、右下へ視線をそらした場合は何か心の中で思っています。本心と違うと感じたときに右下をみることが多いそうですよ。

○○効果や○○の法則

つり橋効果

よく「つり橋効果」という言葉を耳にしませんか効果の中では恐らく番認知度が高い言葉ですよね。

このつり橋効果とは、心拍数の上がるような行動を異性と一緒に行うことで、お互いが異性として認識しやすくなるため恋愛成就に使えるといわれている効果です。行動心理にも、効果やの法則というものが存在するのです。

バンドワゴン効果

よく知られているのが「バンドワゴン効果」です。これは多数意見に安心するといった効果です。

例えば、有名なA社の商品と有名ではないB社の商品で、どちらも同じような品物の場合、みんなが使っているから有名なA社のものにしようといった経験はないでしょうかものごとの正解、不正解に関わらず、みんながやっているなら大丈夫と思ってしまう効果のことです。

また反対に、自分は大多数の人とは違うといった自己顕示欲を満たす、「スノップ効果」というのもあります。

の法則としては「辺報性の法則」というものがあります。これは日本人に多いといわれる法則で、金銭的、精神的に関係なく自分にとって得なことをしてくれた相手に、何らかの形でお返しをしなくてはいけないと思う心理のことです。

いかがだったでしょうかこれ以外にも行動心理はたくさんあります。これから先、新しいものも発見されるでしょう。ビジネスにも有効な「行動心理」ですが、やはり悪用する人がいることも事実です。

どんなに上手な言葉を並べても、行動心理が全てではありませんから、ビジネスを円滑に進めるための手段のつ、といった捉え方をしておきましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします