クレーマーになりやすい性格は

頑固な性格

自分が思ったことを曲げるのが嫌で、とても頑固な性格です。頑固な面は誰にでもあるものですが、クレーマーの場合はとても頑固な性格。そのため、自分が正しいと思ったら絶対に曲げたくないと思うのでしょう。
柔軟性に欠けている場合が多いので、頑固な性格の相手とやりとりをするのは疲れるもの。でも頑固な性格はなかなか直らないので、こちらが対応の仕方を変える必要があるでしょう。

淋しがりの性格

一人になるのがとても怖くて、淋しがりの性格をしているけれど、隠そうとする性格です。淋しがりの自分を知られるとカッコ悪いと思ってしまうのでしょう。
とても仲の良い相手の前では、淋しがりの自分を出せるかもしれません。でもそうではない相手には淋しがりの自分を見せないようにしています。淋しがりの人としては、いつでも人とのつながりを感じていたいもの。

好き嫌いが激しい性格

この人は好きだけど、この人は嫌いというようにして人に対する好き嫌いが激しい性格。でも人に対してだけではなくて、物に対しても同じように好き嫌いが激しいのです。好き嫌いが激しい性格の人は我儘な場合が多いので、嫌いなものを好きになってくれるのは珍しいでしょう。
好きなものはとにかく好きで、固執をしてくるかもしれません。固執をし始めたら抑えきれなくなるのも特徴です。

クレーマーの心理には種類がある!

自分を認めさせたい欲求

自分を認めさせたい思いがあり、自分の方が上だと思わせたい欲求があると、クレーマーになりやすいのです。相手のせいで自分が被害に遭うなんて耐えられない!相手よりも自分の方が立場は上なのに、ありえないと思うのでしょう。
自分よりも立場が下だと、とにかく分からせたいのです。分かるまでクレームを言い続けます。

ストレスを解消したい気持ち

人に文句を言うことにより、ストレスを解消できる人もいます。クレームを言えばすっきりして、ストレスが解消できると思っているので、クレーマーになるのでしょう。
他にストレス解消が出来ないのは残念ですが、クレームを言えればすっきりするのならば、仕方がないと思うしかないのです。

得をしたいと思う気持ち

ここでクレームを言えば貸しが出来たり、自分にとって特になったりすると思うと、出来るだけ言いたいことを言おうとするでしょう。自分が特をする方法はどんなものがあるのかについて考えてから、クレームを言ってくるでしょう。

クレーマーの心理を知って対処をする方法

まずは相手の言い分を聞く

相手がどんな内容を言いたいのか、望んでいるのかをまずは聞くようにしましょう。そして受け止めてあげる姿勢を見せるようにすると、クレーマーの心理が落ち着く場合が多いです。

 

反論をしないようにする

ここで反論でもしようものなら、もっとクレームを言い続けるでしょう。特に怒ってきているようなクレーマーに対しては、優しく丁寧に話すようにしましょう。こちらも激しい口調になると、相手は更にヒートアップしてクレームを言い続けます。

 

こちらの気持ちは思いやりを込めて伝える

こちらも言い分がある場合が多いですよね。そういう時には「お客様のために…」と思いやりを込めて伝えるようにしましょう。クレームを十分に言った後なら、相手は話を聞く余裕が出来ているのです。

 

クレーマーの心理を知れば楽になれる!

クレーマーの心理を知ると、とても気持ちが楽になります。こんなに怖がらなくても良かったんだと思うようになれるでしょう。
あまり恐れずに、クレーマーには様々なタイプあると理解をして、まずは穏やかな接し方をすることをお勧めします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします