商品についての把握をしっかりと行う

営業をする商品の把握や理解について

自分がこれから営業をする商品についてあまり知らないと、お客さんから質問をされても答えられない可能性があります。商品説明が上手に出来る人は、営業もスムーズに進められるでしょう。

メリットやデメリットについても伝える

商品説明に対してはメリットばかりを言うのではなくて、デメリットについても伝える必要があります。メリットばかり言うようでは信用できないと思われる可能性も。

そのため、デメリットがある場合にはある程度お客様の様子を見て、しっかり伝えるようにしましょう。

 

デメリットについてのフォローを忘れずに

デメリットもうまく工夫をすれば、デメリットではなくなる場合もあります。事前に自分自身で把握をして営業に行くようにすれば、信頼してもらえる商品説明が出来るでしょう。これも営業のコツとして必要です。

営業トークについて研究する

飽きられない営業トークが必要

いつも同じような営業トークをすると、相手に飽きられてしまいます。「この人はいつもこういうトークしかしない」と思われてしまうでしょう。営業には営業トークはとても必要なもの。
多少相手から見て大げさなぐらいでも、相手の気分を良くするような内容なら伝えても良いでしょう。

営業トークがうまくなるには

営業トークが上達するためには、様々な情報を収集することが必要です。

でも例えばこのクライアントは政治に興味があると分かった場合は、このクライアントにアポイントを取った時には、政治の話を中心に行うようにしましょう。
浅く広くの知識も時には必要ですが、相手にとって興味のあるジャンルに対しての知識は特に必要なのです。
分からない内容については相手にあえて教えてもらう姿勢を持つと良いですね。

嫌味にならない営業トーク

売りつけることしか考えていないような営業トークは、相手から嫌な印象を持たれてしまいます。相手にとってどのような話が喜ばれるのかを自分なりに考えてみましょう。
相手の様子を見ていれば、話にのってくれているかどうかは分かりやすいはず。

相手のニーズを知ること

相手は今何を欲しているのか

欲しいものでなければ、必要ないと思うのが人間の心理ですよね。そのため、相手がどのようなものを今欲しているのかを、やりとりの中から読み取るようにしましょう。

これが営業のコツなのです。
アポイントを取れるのも、ニーズに合うような話が出来るかどうかで違ってくるでしょう。

欲しているものを用意する

相手が欲しているものを用意出来ることをアピールすれば、アポイントは取りやすくなります。そして営業をするうえでもスムーズに進むでしょう。

相手のニーズをきちんと理解していないまま営業に出向いても、断られてしまうかもしれません。

提案を上手く行う

欲しているものをこちらが持っている場合には、提案をうまく行うようにしましょう。

「この人と会ってみたい」「会うと利益がありそう」と思わせるような会話をすれば、アポイントはかなりスムーズに取れるでしょう。

営業のコツは焦らずに相手を理解すること

営業のコツはかなりたくさんありますが、まず相手が心を持った人間であるとしっかり理解しましょう。だからこそ考えている内容を把握する必要があるのです。
相手の求めているものを提供できる人間であると分かれば、クライアントとの関係はより良いものになるでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします