Profile

●泉マリコさん
●ジュエリーブランド勤務
●大学卒業
●社会人8年目

ArrowArrow
Slider

いままでのキャリア

住宅メーカーで営業の仕事を経験

大学で4年間建築について学び、新卒で住宅メーカーに就職して営業の仕事をしました。そこでは5年間働いていましたね。お問い合わせを頂いたり展示場に足を運んで頂いたりしたお客様に対して住まいやリフォームに関する相談に乗り、暮らしの悩みを解決していくことが主な仕事内容です。資格保有者のアシスタントとしてですが、設計の図面プランなどにも少し携わっていました。

人の暮らしに関わる仕事がしたかった

人の暮らしに関わるお仕事をしたいと思ったのは、高校生の時からでした。住まいに関することやインテリアデザインに当時から興味を持っていましたね。
「自分の家がこんなに素敵になるとは思わなかった!」と喜んで下さるお客様の声がとても嬉しくて、生活の中に入って課題解決していくことにとてもやりがいを感じました。しかし、家は一生の買い物と言えるほどの大きなもの…。お客様は、ちょっとしたことでも不安に感じてしまうかと思いますし、それが大きな問題となってしまったら大変です。なので細やかな気遣いやケアは普段から欠かせないものでした。休日返上で現場に行かなければならないこともあり体力的には大変なこともありましたが、住宅営業での経験を通して『お客様と向き合うことの大切さ』を学ぶことができました。

一級建築士の資格

前の職場では仕事をしながら一級建築士の資格を取得しました。一級建築士は、学校や病院、百貨店などの大型建築物も扱うことが出来る国家資格となっています。受験をするためには大学で指定された科目を履修した後に2年間の実務経験を必要としている上、合格率が1割と難関の資格なので、働きながら勉強をするのはとても大変でした。でも、国家資格を持っていることは間違いなくプラスになります!あの時頑張って良かったです。

 

仕事の内容

ジュエリー業界に転身

ご縁があり、とても尊敬できる人との出会いがあったことがきっかけで…。他の業界を経験してみたかったこともあり、その方に誘われて思い切ってジュエリーの業界に転職したんです!

人生の大切な節目に関わることができる

ジュエリーの中でも特に結婚指輪は、人生の節目に特別な思いで購入する大切な物だと思います。常に付けるものなので、違和感なくその人に合ったものを提供しなくてはなりません。そんな中で、「とても気に入りました」「毎日つけています」等のお声を聞くと、とても嬉しいですね。人生の大事な節目に関わることができる、やりがいのあるお仕事だと思います。

質が高く手ごろな値段が強み

私が働いている会社は「全ての女性をヒロインに」することを理念として、有名な海外ブランドなどに比べて比較的手ごろな値段で質の高いものを製作しています。まだ新しいブランドなのでネームバリューは弱いかもしれませんが、名前にとらわれずに自分の目で見て判断し、その質の高さを気に入って下さるお客様も多いんですよね。時代の流れ的にも、そういったお客様は今後増えていくと思います。

こらからのキャリア

デザインやプロモーションに力を入れたい

ジュエリー業界に転職してまだ短いので、経験をたくさん積みたいと思っています。それからデザインに関することも勉強していきたいですね。インテリアや洋服などのデザインに比べると多様性は出にくいものですが、奥が深いんですよ。ちなみに現在もデザイン企画やアイデア出しに携わっていて、デザイン完成に至るまで、職人さんと何度も話し合いを重ねながら進めています。あとは、WEBページ。情報社会の中で、WEBからの発信はとても重要だと思います。より多くの方に魅力を感じて頂けるようなコンテンツを作れるよう勉強していきたいです。それと同時に、自分の発信する情報に責任感を持たなければならないと感じています。

一級建築士としても…

先ほどお話した、一級建築士の資格も今後に活かしていきたいんですよね。例えば、この資格を持っていればフリーランスとしても働くことが可能です。もし結婚出産などをしても会社にとらわれずに働くことが可能ですし、転職の際にも非常に有利だと思います。実は、5年間の努力と成果を評価されて、今でもたまに研修講師として前の会社からお仕事を貰ったりしているんです。経験は全て役に立つものなんだなと実感しますね。

読者モデルとしての活動

趣味で読者モデルの活動をしているのですが、せっかくなのでそれを活かして一級建築士の資格を持つ女性ならではの情報や知識の発信を行っていきたいと考えています。一級建築士の資格を持つ女性は非常に少ないですが、住まいの中に居る時間が長いのはやはり女性の方が多い現実。そんな女性だからこそ、一般の方が抱えている住まいについての悩みをより理解することが出来ると思います。そして、女性ならではの柔軟性のあるアイデアも強みになると思うんです。自分が今まで養ってきた経験や知識を活かして少しでも誰かの役に立てればと思っています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします