Profile

●商業デベロッパー 営業部
●早稲田大学 商学部卒
●社会人2年目

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

仕事内容

不動産の枠を超えた業務

業種としては不動産賃貸業に分類されます。しかし、ただ場所を貸し出しているのではありません。テナントに場所を貸して得る賃料が主な収益ですが、その賃料は売上によって変動するためリーシングしたテナントの売上が上がるようテナントと一緒になって考えていきます

 

私は、現在約30ものショップを担当しています。担当ショップの現状を把握することが重要な役目です。数値に表れてくることだけを見ていても、問題点の本質は見えてません

数値と現場を照らし合わせていくことが必要なため、ショップスタッフとのコミュニケーションを大切にしています。私はアルバイトや新人でも関係なくコミュニケーションをとるようにしており、そこに課題点や伸びしろのヒントが隠されていると考えています。

img_8835

やる気とアイディア次第で色々なことに挑戦させてもらえる

やる気さえあれば色々と挑戦させてもらえる風土です。直近では担当ショップのために父の日の販売促進イベントを企画をしました。

企画からポスターの撮影、製作、ディスプレイまで全て行いました。担当ショップ以外も10ショップ程巻き込むことになり業種の垣根を越えた企画となりました。企画もデザインもどがつくほどの素人ですが、部内で許可が下りるまで粘る根性さえあれば様々なことに挑戦させてもらえます。

ジョブローテーションで新たな気づき

担当ショップのサポートに加え、入社して三年間は5つのグループをローテーションします。いままでは日々の売上を管理し賃料計算を行う売上管理、ロールプレイングコンテストや、研修を行う営業推進、環境整備する営業管理を経験しました。

これからイベント、キャンペーンといった販売促進とテナントの出退店を行う業態改革を行います。なんでも実際にやってみないとどんな問題点が潜んでいるかわかりません。各グループの業務を理解することだけでなく、担当した間に小さいことでも改善していきたいと思っています。

これまでのキャリア

「もっとおもしろくしたい」その一心

売ること、ブランディングなどを学びたくて商学部を選びました。また、元々各世代の憧れがたくさん詰まっている雑誌が好きだったためファッション雑誌の編集部でインターンをしていました。そこで話題のあるものを取り上げるのではなく、話題になるものを自ら創り出したいと思うようになりました。

グルメ、ファッション、アート、文化、芸術など様々なモノを組み合わせて刺激的な日々が送れるおもしろい空間をつくりあげていける仕事がしたいと思っていました。

img_8943

様々なアルバイトの経験が今の仕事に繋がった

学生時代は7つのアルバイトを経験しました。各店の打ち出しや、教育方針の良し悪し、自分だったらこうしたいなど勝手に考えていました。大人気のケーキ屋、行列の絶えないうどん屋、フラメンコのショーを行いスペイン語の源氏名がつくスペインバル、日本酒が豊富な新橋の和食屋など多種に渡ります。

色々な土地、価格帯の店でアルバイトをした経験はそれぞれのターゲットに向けてどうアプローチをするかを知ることができる面白い機会でした。どうしたら売り上げが上がるか、人が集まるか、お客さんが喜ぶかを全て実践できる会社がいいと思い今の会社を選びました。

今後のキャリア

 

世の中に好奇心旺盛な人を増やしたい

私自身、飽き性というか色んなことに興味があります。読書でも幅広いジャンルの雑誌や本を読むのですが、そうすると同じ道でも違う道に思えたり、同じ絵を見ても違う思いになったりします。関心がないものは見ていても、見えていないと思うのです。様々な人が何気ない日々の中でもっと新しい発見や出会いがあれば、多くの人の人生がもっと楽しく面白いものになるのではないかと考えています。

そのため、直近はイベントなどを行う文化施設の担当になりたいです。ただ、イベントを行う人や会社をひっぱってくるのではなく、文学、知識、アート、音楽、ファッションなどをはじめ文系と理系ミックスや新旧ミックスなど様々な分野を組み合わせてつくりあげていきたいです。

img_8972

もっと貪欲に「売る」ということを考えたい

本屋大賞ってよく考えたなあって感心したり、人はデートをする時まで節約する人は少ないから、普段は千円以内でランチを済ましている人が千円以上もするポップコーンとドリンクのセットを罪悪感を感じずに(感じているケチな人もいるかもですが笑)購入する恋愛市場って面白いなぁと。

アイディアや気づき、見せ方次第でもっと色々な売上をあげられるのではないかと考えているので、常に挑戦し続けたいと考えています。

もちろん女性としての幸せを手に入れることは目標ですし、いつか絶対手に入れますが、思う存分仕事をしたいし、ずっと自分のやりたいことをして働いていたいと思っています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします