Profile

水戸部りえさん
音楽事務所勤務 キャスティング・演出・演奏
武蔵野大学 音楽学部器楽学科卒業
社会人5年目

ArrowArrow
Slider

これまでのキャリア

コンサートホールのレセプションのお仕事

音大に通いながら、コンサートホールでレセプションのアルバイトをさせていただいていました。チケットもぎりやプログラム販売などのお客様対応のお仕事のほか、影ナレもさせていただきました。このアルバイトを通してフォーマルな場での立ち振る舞いを身につけることができて、とても良い経験となりましたね。それに、自分が好きな音楽と関係のある場で働けるのことが何より嬉しかったです。

先輩たちが作った楽団で活動

大学の先輩や地元の先輩方が2010年に「PRO WiND 023」という楽団を作ったんです。「山形にゆかりのある人で、山形のために、山形で演奏会をしたい。音楽で山形を 盛り上げよう!」という想いのもとに発足したこのPRO WiND 023。それぞれがプロの楽団員やソリスト、指揮者といったフィールドで活躍中のメンバーが、山形への想いを胸に集結した、とても素敵な楽団なんです!地元が山形の私も学生の頃からそこに携わらせて頂いています。はじめはフルートパートの一員としてだけでしたが、今は台本の叩き台を作ったり、裏方のお仕事もさせて頂いていたりします。

仕事内容

結婚式に特化した音楽事務所

現在働いている職場は、結婚式場での演奏に特化した音楽事務所なんです。牧師さんや音楽家を派遣していて、平日は主にキャスティング業務を行い、週末は結婚式本番といった感じの流れで、実際に私もフルートの演奏はもちろん、チャペルの中専門の介添えさん・チャペルアテンダーも行っています。式本番まではブライダルプランナーさんと打ち合わせを重ねて、お客様のご希望に沿うお式を作れるよう心がけています。

幸せな瞬間を共有できる

なんと言っても、結婚式という幸せな1日を共に過ごすことが出来ることに、とてもやりがいを感じます!どの結婚式も本当に素敵で、こっちまで幸せな気持ちになります(笑)
結婚式以外では、クリスマスなどのイベントコンサートやホテルでのロビーコンサートなど幅広く活動しています。他での仕事と比べると、結婚式は宗教にも関わることなので、気を遣うことは多いですね。それから、楽譜通りにはいかないということも。人の動きを見ながら合わせて柔軟に対応することが必須です。しかし、結婚式でのリクエスト曲はお客様にとってとても思い入れの強い一曲だと思うので、息のぴったり合った演奏で喜んで下さると本当に嬉しいですね。

これからのキャリア

経験と実績がとても大切

この業界は、何より経験と実績が大切です。資格などはありませんし、とにかく実績で自分をアピールしていく必要があります。なので、今あるご縁を大切にしながらこれからもたくさんの経験をして、着実に実績を積んでいきたいと思っています!

いつかは自分の音楽事務所を…

最終的にはいつか自分で音楽事務所を経営出来たらなと考えています。そう思い始めたのは3.11の震災がきっかけでしたね。人がいなくなってしまった場所に、訪れるきっかけ、帰るきっかけを作りたくて。東北に近い場所で事務所を作ることが出来たらなと思っています。

朝活をやりたい!

今ある音楽家ネットワークを活かして、何か新たな挑戦が出来たらなと考えていて。その候補のひとつに「朝活」というキーワードがあります!仕事が始まる前の早い時間帯の朝に集まって、みんなで音出しや基礎練習をしたりと、練習会を出来たらなって。
それからもうひとつ。母が朗読家として活動をしているのですか、そちらともコラボレーションしながら活動の幅を広げられたらなと思います。大好きな音楽を通して、色々な挑戦をし続けたいですね!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします