Profile

那須仁美
成田空港保安検査員(現在はレストランに勤務)
国際トラベル&ホテル専門学校
エアラインコース
社会人7年目

ArrowArrow
Slider

これまでのキャリア

中学生の時に知り合ったイギリス人がきっかけで英語を勉強する

中学生の時にイギリス人の友達が出来て、その友達が日本語を喋れなかったので、英語が喋れるようになりたくて、勉強していました。それがきっかけで英語が好きになったんだと思います。

ウェディングレストランでバイトをしながら、高校の時に外国語科で英語と中国語を学びました。接客が好きだったし、英語が喋れて接客の出来る空港での仕事に憧れていました。専門の時にはハワイに1ヶ月ホームステイをし、日本では出会えない外国の方と知り合い、更に外国への憧れが増しました。

英語が喋れる職場を求めて

英語が喋れる職場、中国語も喋れたのでそれが生かせる職場は空港だと思い、接客も好きだったし、出来ればグランドスタッフになりたかったのですが、周りの子と比べて競争率の激しいグランドスタッフにはそこまで憧れはなく、とにかく空港で働ければ良いかなって思っていたので、ボディチェックの会社に入りました。

仕事の内容

中国人のクレーム対応で、ヒーローに

みんなが知っているところで言えばボディチェックで、見えないところではスーツケースを預けたものを、X線の画像解析もしていました。

ダメだった荷物のお客さんを呼び出し、開けてもらってなにかをチェックするのですが、国際線は凄く厳しく、特に液体物は機内には持ち込めないのでプリンなどの食べ物も持ち込めなかったりするので、クレーム対応をする事が多かったですね。

私は、英語と中国語も喋れたので、他に中国語を喋れる従業員がいなかったので、中国の方のクレーム対応は私がやっていたのですが、解決した時はみんなからヒーロー扱いされて、凄く優越感で感謝されるのが嬉しかったです。

基本的には拘束時間が凄く長く、長い時は16時間拘束されるので、自分の時間は全くなく離職率が凄く高い仕事なんですよ。私は5年勤めましたが、同期は1人もいなかったです 笑

危険物を判断する、責任感のある人の命を預かる仕事なのに、給料と見合ってないし拘束時間も長いし身体がもたないで辞める人ばかりでした。

私も最終的に自分の体のことを考え、たまたま結婚前提の人と付き合ったのもあって、ずっと続けるつもりはなかったし、そろそろかなって思い退職し、彼に時間を合わせやすいバイトでレストランに今は勤務しています。

これからのキャリア

レストランのバーに勤務

元々モデルもやりたかったのもあって、正社員で5年働いたし本当はエアラインで働きたかったけど、接客が好きだし経験もあったし今の職場なら融通が利くし英語はやっぱり好きだから外人の多い丸の内を選んびました。働く場所にはちょうど良いかなと思います。

基本的にはバーカウンターでお酒を作って、たまにホール業務もしています。ホールでは主にコース料理の説明をしています。

やりたかったことは色々出来たけど、モデルはもっとしたかった。

実はブライダルモデルの事務所にいたことがあったのですが、レッスンはしましたがなんだかんだ事務所と合わなくて1人前になる前に辞めました。

将来、結婚しても仕事は続けたいし、子供が生まれてもモデルはやりたいなって思ってます。自分の知らなかった自分が観れるし、知らない自分が知れる。
今のうちにしか出来ないことをとにかくやりたいです!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします