Profile

●にこたん さん
●福祉関係事務職
●短大卒業
●社会人2年目

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

これまでのキャリア

フェイシャルエステ専門店に勤務

就職前は、美容分野に特化した短期大学でエステについての知識を学び、資格を取りました。資格はたくさん持っているに越たことはないと考えたため、エステ以外にも、アロマやネイル、着付け、花道や茶道、救命の資格も取りました。そのため、短大時代は毎日朝から夜まで勉強の日々でした。卒業後はフェイシャル専門店に就職し、エステティシャンとして働いていました。お客様は30代〜40代が多く、アットホームで落ち着いた雰囲気のお店でした。
img_5866

「気遣い」がとても大事な業界

美を提供する者として信頼感を得るために、出来るだけ上品に大人っぽく振る舞うよう努めており、細かな気配りや心遣いを常に意識していました。やはりまずは自分が綺麗でいることが大事だと感じ、外見だけでなく、言葉遣いや立ち振る舞いなどにも気を付けました。常連のお客様からケーキの差し入れをいただいたこともあり、そのようなお心遣いに人と人との温かな繋がりを実感することが出来ました。

img_5725

 

仕事の内容

プライベートとの両立を考えオフィスワークへ

エステ店でしばらく働いていましたが、他にも色々な経験をしてみたいと思っていましたし、プライベートとの両立を視野に入れ始めたこともあり、土日がお休みのお仕事を探すようになりました。オフィスワークをしようと考え、セミナーやeラーニングに充実している派遣会社に登録してみたところ、タイミング良く自分に合っていそうなお仕事を紹介していただき、すぐに転職をし、そこでステップアップをして正社員になりました。転職先である現在の会社では福祉に関する商品を扱っており、社会的にもとても意義のあるお仕事だと感じています。

エステで学んだ接客スキルが役に立った

前職で学んだ「気遣い」や「心遣い」が現在の職場でもとても役に立っています。ほんの少しの違いかもしれませんが、ちょっとした気遣いが社内の空気感を和やかに変えますし、お客様に褒めていただく機会もあります。エステで学んだおもてなしの心は、今後どのような職場に行っても活かせることだと感じています。

img_5860

今後ニーズが増えていく業界

福祉制度は時代の流れによって変わっていくので、それに従って会社も常に新しいかたちへと変化していく必要がありますが、少子高齢化に伴い、福祉のニーズ自体は増えていくと思います。今の職場で力を発揮出来るよう、今後はもっと福祉の知識を身に付けていきたいと考えています。

 

今後のキャリア

英語スキルも身に付けたい

最近では仕事をする上で、英会話のスキルも必要だと感じています。英語を話すことが出来れば視野も広がりますし、仕事の幅も今よりもっと広がると思います。数年後には日本でオリンピックもありますし、英会話は今後ますます必要とされてくるだろうと感じています。時間を作って英会話教室に通ったり、英語を話す機会を作ったりして、仕事で使えるレベルのスキルが欲しいと考えています。

 

もうひとつのお仕事との両立

実は、会社がお休みの土日はアイドルとして活動しており、ライブに出演したり撮影に参加したりと、普段の仕事の私とは違う、もうひとつの顔があります。オフィスワークの仕事に慣れてきたこともあり、アイドルの仕事の方でも明確な目標を持つために、生誕主催ライブも4ヶ月後に企画しています。今後はそちらの方にもどんどん力を入れていきたいと思っています!しかしどちらの仕事もとても好きで、やりがいを感じているので、上手くバランスを取り両立させながら、どちらともスキルアップさせていきたいです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします