profile

西野万美子
薬局薬剤師
岐阜薬科大学卒
社会人3年目

ArrowArrow
Slider

今までのキャリア

医療に携わりたいと思ったきっかけ

祖父が町医者で、地域の人にも感謝される存在だったこともあり、医療職は誇りを持てる仕事だなという印象が幼い頃からありました。

そして、「病院は皆が元気になって笑顔が生まれる場所」という勝手な先入観がありました。

しかし、小学校5年の職場見学で祖父の勤める病院や老人ホームで現実はそんなぬるいものではありませんでした。
「病院じゃなくて本当は家に帰りたい」「死ねるなら早く死にたい」「年とって生きててもいいこと何にもない。」
こんな言葉が医療現場のあちこちから聞こえてくる・・・・・。


当時、ピュアだったこともありものすごくショックでした。

その時から「この人たち(ご老人や患者さん)が死ぬまで笑って生きられるにはどうしたらいいんだろう?」と自問自答。

「死ぬまで自分の人生に誇りを持ち続けられる」そんな想いに寄り添っていける医療を提供したいと思ったのがきっかけです。

仕事の内容

薬局はただ薬をもらうだけの場所ではない!

現在は地域密着型の薬局で薬剤師をやっています。
薬局では調剤業務がメインですが、地域で薬膳料理教室やアロマ講座を積極的に開催し、予防医学の提案も行っています。

調剤業務では、基本的には医師が処方した薬を渡すのですが、必要に応じて飲み忘れないように一包化やお薬カレンダーにセットしたり、似ている薬には印を入れたりしています。


また、薬の投与量が適切か、ほかの病院で似たような薬を貰っていないか、サプリメントの有無も必ず確認しています。

一方的に薬を渡すだけではなく、患者さんとのコミュニケーションを意識して必要な支援を行うようにしています。

また、終末期の患者さんや認知症などであまりにも飲み忘れの多い患者さんのご自宅へ伺い、服薬管理を行うこともあります。
薬局薬剤師の業務は一般の方や他の医療職から見るとブラックボックスだと思いますので、「こういうことができます。」をできるだけ提案しています。

最近はかかりつけ医ならず「かかりつけ薬剤師」を持ち、薬の管理を一人の薬剤師が責任を持って行うことも国が推進しており、これからは地域に根差した薬局が生き残るとも言われています。

これからのキャリア

現代病の多くはカラダとココロの不一致から

「自分が死ぬまで笑っていられる人生を送るにはどうしたら良いのか?」を自問自答していた頃、東洋医学やアーユルベーダ、ホメオパシー、ハーブ、薬膳、自然食を学びました。

伝統医学の多くは、「目に見えないエネルギー」を前提として話が進められていたこともあり、心理学や占星術にも手を出し、奇跡的に末期ガンを克服した方のお話などもよく聞きに行きました。

その結果、身体とココロが密接に繋がっていること、そして私たち一人ひとりのカラダは宇宙なんだ!

「万人に通用する治療法はない」「ライフスタイルとマインドが全て!」と当たり前のことなのですが、気が付きました(笑)

死ぬまで笑っていられる人生を歩むには、若い頃から自分のライフスタイルを整える、そして自分の「心地よさ」に正直に生きることが大切と思っています。

トキメキと感謝が究極の予防医学

私は「トキメキに従って生きる」「全ての出来事に心から感謝する」ことが究極の予防医学と思っています。

「自分のココロとカラダが繋がり」「自分と他者が繋がり」「自分と地球が繋がり」大きなエネルギー循環を生んでいくことは毎日をイキイキと生きる秘訣とも思います。

別に病気になってはいけないわけではなく、「どんな時も自分がゴキゲンで居られる毎日を送る」そんなイメージです。

カラダとココロに向き合うコミュニティ作り

結局のところ「誰と一緒に過ごすのか」が人生を左右しますよね。

世の中には様々な治療法があって、各々の個性に応じて選んでいけば良いと思っていますが、西洋医学中心で仕事する私からみると、現在の日本の医療者は伝統医学に対しての理解がほとんどないのが現状かと思います。

伝統医学が正しい、というわけではなく、それぞれの治療法の個性を認め合えって仲良くできる「場」を創ることが今の夢です。

例えば、クリニックの横にカフェがあって、いろんな治療が受けられたり、健康な人も少し元気が小さくなっている人も来られる場も最近はちらほらありますがそんなイメージです。

色んな医学、西洋医学などが仲良くなる場所とライフスタイルを一緒に築いていける場を作り、自分のカラダとココロに向き合っていく人が集えるコミュニティを創ることが今の夢です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします