Profile

●小川美穂子さん
●不動産会社勤務 インテリアコーディネーター
●静岡県立大学 食品栄養科学部卒業
●社会人4年目

ArrowArrow
Slider

これまでのキャリア

就活は食品関係で

大学で食品学を学んでいたので、食品関係のお仕事をしようと思い、お菓子メーカーの開発を中心に就職活動を行っていました。しかし、イメージとのギャップに戸惑いもあり、もう一度自分が何をしたいのか考えた時に、「ここは自分の居る場所ではないな」って思ったんです。

大学卒業後、インテリアの専門学校へ

大学卒業後、手に職をつけたくて資格取得を考え、インテリア関係の専門学校へ通いました。昔から家具屋さんを見るのが好きだったので、素敵な住まいを作るサポートが出来たらなと思い、インテリアコーディネーターを目指しました。

オーダーカーテンを扱う会社で営業を経験

最初の職場はオーダーカーテンの会社で、そこでは営業を担当していました。150年以上続いている老舗で、質にこだわりを持った和風のデザインが売りでした。

ノルマがあったので慣れないうちは大変でしたが、営業に関する本を読んだり先輩の真似をしたりしながら営業スキルを身に付けていきました。数字をクリアできた時の達成感や、お客様からの感謝の言葉がモチベーションでしたね!

仕事内容

友人の紹介で入った不動産会社でインテリアコーディネーターを務める

3年ほど前の職場で働いた後、専門学校の頃の友人の紹介を受けて不動産会社に転職しました。インテリアの中ではカーテンが一番好きなのですが、やっぱりトータルコーディネートをしたくて。念願のインテリアコーディネーターとして働き始めました!

営業さんのイメージを具体化

中古マンションの再販を中心に行っているのですが、その際にリノベーションをしたり、家具付きの状態で売り出したりするので、その時に私がプランを考えます。営業を担当してる方から出来るだけ細部までイメージを伝えてもらいます。

より具体的な要望を引き出すためにも、最初のヒアリングはとても重要ですね。

自分が作り上げた部屋を見ると達成感を感じる

予算や在庫のバランスを考えながらプランを立てるのはなかなか難しくて大変ですが、自分が作成したプランが通り、家具が納品されて部屋が仕上がった時はとても達成感を感じますね!

自分が作った部屋を見ると嬉しくなります。やはり、この仕事を選んで正解だったなと感じますね。

これからのキャリア

30歳までに独立するのが目標

夢は、独立して、フリーランスとしてインテリアコーディネーターのお仕事をすることです!30歳までには実現させたいと思っています。
しかし、まず一番に大切にしたいのが、日本でのインテリアの普及を図ること。人々にとって身近なインテリアコーディネーターになり、人々のインテリアへの関心を高め、より良い住まいで暮らす人を増やしたいと思っています!独立することはこの夢を叶えるための手段ですね
居心地が良いお部屋は心を豊かにさせると思うんです。毎日帰る場所だからこそ、大切にしたいですよね。

結婚しても子どもが生まれても働けるスタイル

フリーランスになればリスクも付き物ですが、メリットもたくさんあります。時間に縛られずに働くことも自分次第で可能になるし、結婚しても子どもが生まれても自由に働けます。働く女性として、そんな将来のことも考えながらキャリアを積んでいきたいですね。

インスタグラムでインテリア情報を発信

フリーランスの夢に向けて少しでも行動に起こそうと思い、インスタグラムでインテリア情報を発信したり、相談を受け付けたりしています。アカウントは「@mihoko345_interior」になりますので、興味がある方は是非、チェックしてみてください!
また、ブログでも情報発信しています。(http://ameblo.jp/mihoko345-interior)こちらもよろしくお願いします☆

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします