●奥村 唯さん
●ミクレニティ株式会社 コンサルティング部 プロジェクトマネジメント課
●社会人5年目

 

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

これまでのキャリア

将来はカフェを開きたいと思って始めた就職活動

今の仕事とは全然関係ないのですが、学生時代はカフェを開きたいと思っていました。かなり思いは強くて、4年生の時には飲食店経営の専門学校とダブルスクールしたりしていましたね。

とはいえ、社会人経験を経ずにいきなり経営するのにも不安があったので、一旦は就職して経験を積んでみようと思い就職活動を始めました。

飲食業界を中心にみていて、業界的にも老舗で全国に喫茶店を展開している会社に無事内定を頂き、就職しました。

激務な飲食業界での仕事

店長候補として入社し、店舗に配属されたのですが、その店舗は最も売り上げが高く忙しい店舗でした。

飲食店は激務というイメージがありますがまさにその通りで、勤務時間中は目の回るような忙しさでした。休みもあまり取れず、月に5~6日程しか休めなかったですね。

給料は比較的高かったのですが、プライベートの時間を大切にしたいと思っていたので、ずっと続けていくのはキツいなーと感じていました。

仕事内容

全く異なるIT業界に転職

そんな激務な環境で2年ほど働いたあと、プライベートの時間も大切にしたいと思いが強くなり転職活動を始めました。

私は元々カフェを開きたいという思いもあり独立志向が強かったので、次の仕事では起業意識の強いIT関連の業界や会社がいいなと思っていました。

年齢が若かったというのもあり、全く異なる業界でしたがITコンサルティング会社にうまく転職することができました。

業界が異なるのにもかかわらずサラッと転職できた背景には、年次が低かったためであるように思います。

年次が上がってしまうとその分給料も上がるので、採用する会社側も慎重になると言われています。なので、業界や職種を変えて転職したいのであれば、なるべく早い段階で転職したほうが良いかと。年齢を重ねてから全く異なる業界に転職するのは至難の業ですし、なかなか採用されにくいとお思います。

ITコンサルティング会社でのプロジェクトマネジメント

私の会社は金融業界や小売業界など幅広い業種を対象に、システムの要件定義・開発・保守運用をしているのですが、
ITコンサルティングは、プロジェクト単位で業界も変わるし必要なスキル・仕事内容も変わってくるんです。

要件定義フェーズであればお客さんとうまくコミュニケーションを取って業務を可視化する戦略思考的な能力が必要だったり、開発フェーズであればJavaやPHPなどのプログラミングスキルの高い人が求められたりします。

場合によっては業界や業務に対する深い知識と経験が求められることもあり、必要なスキルは本当に様々ですね。

その中でも私はプロジェクトが円滑に進むようにマネジメントをサポートする役割を担っています。とはいえ、進捗管理や他部署とのやり取りを進めるだけでなく、何でもやるといった感じでしたね。
前の現場では開発しているシステムのテスターとしてバグを見つける仕事をしたりしていて、SEっぽいこともやっていました。

今のプロジェクトでは私の所属する部門の本来の業務をしていて、プロジェクトを進めるにあたって必要なスキルセットを持っているメンバーのアサインであったり、お客さんの他部署とのやり取りを調整したり、マネジメントのサポート的な仕事をしています。

マネジメントはコミュニケーション力が大事

マネジメントの仕事では、いろんな部署の方々とコミュニケーションを取り、うまく調整していく必要があります。契約の調整や、プロジェクトメンバーのアサインなどは、物事を進める前に、まず誰に確認を取ればいいのか、どの人が権限を持っていてどういう風にコミュニケーションを取れば動いてくれるのか、といったコミュニケーションプランを考えながら仕事をしていくのが大事だと思います。

元々私はデスクワークで集中して作業をするというのが苦手で、いろんな人とコミュニケーションを取る方が好きだったので、今の仕事は向いていると思います。

人見知りで会話するのが億劫な方にといってはしんどい仕事になるかもしれませんが、いろんな人と一緒に物事を進めていくのが好きな方は向いていると思いますよ。

ワークライフバランスも良好!

コンサルティング会社というと激務なイメージがありますが、かなりワークライフバランスがとれている方だと思います。

繁忙期などは忙しいときもありますが、だいたい9時半出社で5時半退社をキープしています。
プロジェクトによっては忙しいところもあるので、そういった案件にはアサインされないようお願いしているというのもありますが(笑)

人間関係も良好で、社内のプロジェクトメンバーも仲がよく、お客さんともいい関係を築けています。バレンタインには男性社員にチョコをあげたり、ハロウィンにはお菓子を配ったり、ちょっとした遊び心も大事にしています。

これからのキャリア

将来は独立したい

以前副業で美容サロンの仕事をしていて、そこで出会った方たちでファッションや美容、自分のスタイルによって自分に自信を持つ女性をたくさん見てきました。そういった経験から、将来は働く女性の美容を中心に生活をトータルにサポートできるような分野で独立したいと考えています。

働く女性って、出産・育児もあってなかなか自分の美容に時間をかけられない人が多いと思うんです。そんな人をサポートできるような会社を立ち上げられたらいいなと思っています。

ミクレニティの社長も応援してくれていて、会社の社風として「社員の成長と夢を応援する」というのもあり、相談に乗ってもらったりもしています。

今までの経験と人脈を生かして独立できたらいいなと思います。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします