Profile

●阪本 みはるさん
●東邦大学 看護学部
●都内回復期リハビリテーション病院
●社会人2年目

previous arrow
next arrow
ArrowArrow
Slider

仕事内容

リハビリテーション課の仕事

疾患を観察・アセスメントしてコントロールしながらも睡眠・排泄リズム、食事時の誤嚥はないか、麻痺の悪化はないか、褥瘡はできていないかなどをチームで話し合いながら患者さんが病前に近い生活が送れるようにするためのリハビリに専念できるようお手伝いさせて頂いてます。

 

新卒で入った病院は厳しい環境だった

大学を出てそのまま付属の大学病院に就職しました。しかし、前の職場は残業時間が長く、厳しい環境だったため体力的・精神的に大変で、そういった病院の環境が合わず食事、睡眠ができなくなってしまったので転職を考えはじめました。

就職して1年たってなかったので転職するのはとても迷いましたがそこで潰れてしまうよりはいいと考え決意しました。

私より少し前に転職した同期が回復期に就職し、その元同期から回復期のやりがいや楽しさを聞くことができたのも心強かったです。
その後は3ヶ月だけ高齢者施設で派遣看護師をして、地元からの評判の良く、人間関係がいいと聞いて回復期リハビリテーション病院に就職しました。

sakamoto-miharu_004

これまでのキャリア

看護師の転職は、人手が足りないということもあり他の業界と比べるとかなり難易度が低く、割と苦労せずに転職をすることができるとおもいます。私の場合も転職を決めてからはあっさりと内定を頂くことができました。

これからのキャリア

看護師は手に職がつくため一生働ける

看護師は女性が多いので他の職種と比べると女性にとっては比較的キャリアが築きやすい職業であると思います。

高齢になっても介護施設などで自分のペースで働くことができ、生涯を通して仕事ができる職業だと思います。

sakamoto-miharu_008

看護師+αでキャリアアップを図る人も

看護師のキャリアアップは婦長などの管理職だけでなく、専門職としてのキャリアアップ、看護師+αの別の仕事などキャリアアップの選択肢が多いので、

まずは様々な状況に対応できるような一人前の看護師になって、その後看護師+αで自分の強みを生かせる新しい仕事を考えていきたいと思います。

生涯働ける職種なので、結婚する相手にもよると思いますが結婚・出産しても仕事は続けていきたいですね

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします