Profile

●山路 しおりさん
●株式会社人材研究所 採用支援事業部 兼 事業・人材開発部 営業
●白百合女子大学 フランス語学部
●社会人3年目

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

仕事内容

顧客企業の採用支援、組織人事コンサルティング

事業会社様の新卒・中途の採用のご相談や、採用ニーズの要件定義~採用実務のサポート・代行、自社営業・販促活動まで幅広くお仕事をさせていただいております。顧客企業様の業界も多岐に渡っており、様々な業界の方々や学生・候補者と接する機会があります。
yamaji-shiori_007

ベンチャー特有の裁量の大きさ!

うちの会社は従業員数が約20人で、個人の裁量がとても大きいのが特徴です。プロジェクト毎にチームを編成し、フレキシブルに動くことが求められます。

そのため、若手でも意見することができ、積極的に業務に関われます。わからない時には先輩方に伺いながら進めていくこともできるため、若手にとっては非常に学びの多い環境です。年齢層は幅広いですが、多様性に富んだ社内になっています。

yamaji-shiori_002

新卒でベンチャーに入るのはやめた方がよい?

ベンチャー企業は、大手企業に比べると個人への裁量が大きいです。それは、人によって「チャンス」と捉える方もいますし、「不安だなぁ」と思う方もいるでしょう。

ご自身が“どのようになりたいのか”“どのように働きたいのか”によって、選ぶ環境は変わるのではないでしょうか。少なくともベンチャー企業では、新人の頃から圧倒的な仕事“量”は積めると思います。

 

これまでのキャリア

「ゆるキャリ」という選択肢もありなのでは?

私の大学ではベンチャー企業に1社目から入る人は少なかった印象です。私たちの祖父母世代は、女性が“家に入る”という概念がつよく、両親世代の女性はいわゆる“バリキャリ”か“専業主婦”かを選択する2極化した時代でした。

ですが、現代の日本社会においては、男女が働くのが当たり前、の世の中になっており、年金がもらえるかどうかわからない状況です。定年退職してから夫婦ともども年金無しで20年間元気に暮らすとすると…。現役の時に老後に向けて蓄える必要がありますよね。女性が働くのは当たり前な時代になったというわけです。

でも、どうせ働くなら楽しく自分のためになる方がいいですし、自分だからこそ任せてもらえることを増やしていきたいですよね。“バリキャリ”まで行かなくても、“ゆるキャリ”でもいいのではないでしょうか。「働く」って楽しいことだと思います。

yamaji-shiori_009

セルフモチベートと没頭感

人事部としてアサインをされて、内定者として10月から1つ下の年代の採用活動をしていました。ただ、入社決意当初は人事が社内にいないことは知りませんでした(笑)。

ゼロからのスタートだったため、その時はすごく大変でした。もうめちゃくちゃ働いていました。人事部採用担当として、新卒採用立ち上げから一連の流れを担っていたのですが、入社してからは残業時間が月に100時間くらいの時もありました。

 

転職のきっかけ

前職で1週採用活動をやり終えた後、次年度の採用計画が会社としてやらない判断となりました。

営業部を兼務して活動していたのですが、「“人”を扱う仕事が1年でわかるはずがない、もっともっと専門性と経験値を積みたい」という気持ちが強くなり、転職を決めました。現職の社長と以前からお世話になっていた為、転職先を紹介してもらう相談に乗っていただいたら、ご縁があってお誘いいただきました。

今の会社に転職して様々な業界の人材採用にたずさわれた

私の会社はさまざまな業界・企業の人事採用業務のご支援をするため、の採用に携わることができます。前職では自分の会社だけの人材採用に携わってきましたが、

さまざまな企業様の採用活動に携わることで、以前よりも業界毎の特色を理解したりその上で企業理解をしたりと、広い視野で採用について考えることができるようになったと思います。

 

これからのキャリア

いつかはまた事業会社の人事をしたい

事業会社で人事をすることの醍醐味の1つとして、入社した人の経過を追えること、があります。

一緒に入社式に参加し、その人たちがどう成長して行くのか見ることができるのがとても感慨深いです。また人事戦略を描けるのも、自社をよく理解をしている自社の人事だからできる事だと思います。

採用のアウトソーシングでは、採用という業界無関係の共通事項から企業様に貢献できる点が非常に奥深いです。「人と組織の可能性の最大化」を目指す現職は、そういった意味でも社会貢献性の高い事業をしていると思います。

ただ私のキャリアは、事業会社の人事から始まっているので、現職で培ってきているノウハウや経験をいつかはまた事業会社の人事として活かしてみたいなと思うときがありますね。

 

将来的には人事以外の仕事にも

今のところ、明確なキャリアプランはありません。まだ人事の奥深さも追求しきれていませんし。ただ、長い目でみたとき、将来的には人事以外の仕事もチャンスがあればしてみたいと考えています。

人事はいつの時代でもどの業界でも必要な分野ですが、他を経験することで今までの経験とシグナルを生むことも多いのではないかなと思っています

一方で名物人事になるのも面白いかもしれないですね。私の将来は、将来の私が決めます。笑「ローマは一日にしてならず」今は1つ1つ目の前のことを楽しみながら頑張っていこうと思います。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします