Profile

●よしか さん
●外資系保険代理店 外資系企業日本法人担当
●お茶の水女子大学
●社会人1年目

previous arrow
next arrow
ArrowArrow
Slider

これまでのキャリア

大学時代は韓国とポーランドに留学

大学時代では韓国に半年、ポーランドに半年留学していました。

留学の経験は大学時代で一番やりきった感のあるもので、とても充実していました。この経験を今後の人生で生かしていきたいと考えるようになりました。

img_7547

いろんな業界と関われる保険代理店に興味がわく

就職活動時、はじめはメーカーを見ていたのですが、特にこれといってやりたいと思える分野がありませんでした。

そこで、特定の業界にどっぷりつかるのではなく、いろんな業界に関われる保険業界に興味を持ちました。

日常業務で海外とやり取りのある会社へ入社

保険業界ではグローバルに支社を持つ外資系に入りたいと考えました。留学の経験を生かして、日常の業務で海外とやり取りのある会社がよいとおもったからです。

日系の代理店だと国内だけの対応がほとんどになってしまい、なかなか自分の経験を生かせないと思い、今の会社に入社することになりました。

img_7404

仕事内容

日本にある外資系企業の保険を仲介

保険代理店には、会社に依頼されて個人または企業に保険を売ったり、個人または企業に依頼されてその人にあった保険を売りに行く仕事です。私は外資系企業の日本法人に保険の提案をしています。海外とやり取りすることが多いため、英語は必須ですね。

海外の支社とやり取りをしながら最適な保険を提案

グローバル企業のお客様は、海外にいくつも支社を持っており、その支社に対して保険を付けなければなりません。それぞれの支社で保険を適用させてしまうと、支社ごとに内容に違いが生じて管理しづらくなったり、コストが高くなったりします。

そこで私たちは、日本で設計した保険のプログラムを、それぞれの国の支社に渡し、その国の支社に保険を売っています。そうすることでお客様は日本で保険を一元的に管理でき、コストも抑えられます。

適度にドライで仕事がしやすい環境

私の会社はとても居心地がよく、入ってよかったと思っています。適度にドライで変な飲み会もないし、意思決定もスムーズです。

また、それぞれが担当企業をもつので、個々の力が重視されており、それぞれタスク管理をするため、自然と残業時間も少なくなっています。チームのメンバーはほとんど定時には帰ってる感じですね。

img_7439

これからのキャリア

海外に駐在したい

今の会社では将来的に海外、特にイギリスかアメリカで働きたいと考えています。イギリスは損保の伝統が一番長く、学ぶところがおおいですし、アメリカは保険の仲介業が盛んで本社がある国でもあります


どのタイミングでいけるかは分かりませんが、経験を積んで30代くらいでいけたら良いなと思っています。

職場環境がよいので転職は考えていない

周りで転職している人は、保険会社や競合他社に行くことがおおいですね。ただ私は今の会社の環境がとても自分にあっているので、将来的に転職することは考えてないです。

結婚してからも仕事は続けたい

社内でも産休とりやすく、休み明けに働き始める女性が多いです。出産後も仕事を続けている方をみて、自分も続けて行きたいなぁとおもいます。早く結婚したいです(笑)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします